THE FOOD WEEKLY

関西 小売

地域密着を推進 セブンパークに天美店が移転/ライフ

投稿日:

生鮮4部門が合同で総菜強化

生鮮4部門合同の手作りサラダコーナー

ライフコーポレーションは、大阪府松原市の大型商業施設「セブンパーク天美」内に、「ライフセブンパーク天美店」を11月17日オープン。ライフ天美店を移転した。セブンパークはセブン&アイ・ホールディングスの施設だが、地元密着スーパーを導入するためライフにオファーがあった。

松原市は住宅や商業施設の開発が盛んで、ニューファミリー層に人気のエリア。1㎞商圏は約8500世帯2万人だが、セブンパークが広域の集客を狙っているため上積みを見込む。

店内はメイン入口に総菜・手作りパン売り場を配置し時短ニーズに対応。特に総菜を強化し、サラダと魚総菜はそれぞれ集合展開した。新規取り組みの手作りサラダコーナーでは生鮮4部門合同で商品作りを進めている。カラフルなフルーツを使った八百屋さんのサラダ、アンガス牛のローストビーフを使ったお肉屋さんのサラダなど豊富なラインアップ。魚総菜コーナーでは南まぐろカマ塩焼きなど希少部位も新登場。

店内手作りの新スイーツも充実。農産ではくだもの屋さんのフルーツ杏仁豆腐、小麦の郷のバスク風チーズケーキ、滑らかカスタードの国産アップルパイなど。

オーガニック・健康などがコンセプトのビオラル商品は加工食品や日配売り場でコーナー化。地元商材では松原市で1軒のみの豆腐店・山本食品の手作り豆腐、福壽堂秀信(大阪市住吉区)の和菓子などを導入した。

【店舗概要】住所/大阪府松原市天美東3-500▽営業時間/9時半~21時▽従業員数/119人(社員25人)▽売場面積/1788㎡▽年商/25億円▽売上高構成比(アイテム数)/農産14.1%(563)、水産9.2%(330)、畜産13.1%(599)、総菜12.2%(320)、IB3.4%(68)、日配19.3%(2500)、加食24.9%(5900)、生関3・8%(1800)。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.