THE FOOD WEEKLY

外食

神戸牛で史上最高の贅沢/丸亀製麺

投稿日:

高単価品で客単価押し上げ

丸亀製麺でブランド牛が食べられる! 9月16~20日17時から数量限定で、高級食材の神戸牛を使った「神戸牛づくし膳」「神戸牛すき焼きうどん」を販売。これは同社史上、最高に贅沢な商品となる。

兵庫県産但馬牛の中でも、厳しい基準を満たしたよりすぐりの神戸牛をぜいたくに使用。きめ細やかな赤身と甘い脂が打ち立てのうどんと相性抜群。「神戸牛づくし膳」は、神戸牛うどん(かけかぶっかけを選択)、神戸牛すき焼き、神戸牛おろし和え、白ごはんのセット。1618円。「神戸牛すき焼きうどん」は、神戸牛のおいしさとコシのあるうどんが楽しめる。982円。

ハイグレード商品投入の背景にはコロナ禍の苦境がある。同社は4月に既存店売上高が前年同月比で半減して以降、マイナスが続く。新型コロナによる客数減が影響し、特に商業施設立地店が苦戦しているようだ。

8月は既存店売上高が90%まで回復したが、客数は1割強の減少となる。しかし客単価の増加が、わずかではあるが全体を下支えする構図にある。そこで9月は、高単価な神戸牛メニューの投下による話題性の向上で集客増と客単価アップにつなげたい考えだ。

WEB限定記事

-外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.