THE FOOD WEEKLY

外食

ケータリング「Mo:take」にヴィーガンメニュー/Yuinchu

投稿日:2019年10月29日

MODOKIメニュー5品の提供を開始

「MODOKI」メニューの「うな重」

サービスプロデュースカンパニーのYuinchu(東京都品川区、小野正視代表取締役)は、飲食開発のメインブランド「Mo:take(モッテイク)」に、ヴィーガンをテーマにした新コンテンツフードを11月1日から提供する。

同社はこれまでMo:takeが行ってきた「どこにでも持っていく」ケータリングに加え、食育からパーティーまで幅広いニーズに対応した〝体験+ケータリング〟の「グラン・ケータリング」を展開。その中で、かねてから要望の多かった人種、宗教、食の主義などを気にすることなく、その場にいる全員が同じ食体験を共有できるコンテンツフードを新たに開発。〝日本×ヴィーガン〟に錯覚という体験を付加した「MODOKI(もどき)」を提供する。

「MODOKI」メニューの「うな重」は山芋とレンコンをすり潰し、ウナギの蒲焼きの形に成形。「ハンバーガー」は卵不使用のバンズに肉は大豆ミート、チーズにはヴィーガンチーズを使用した。大豆ミートの「焼き鳥」に、車麩を豚肉の代替にした「酢豚」、高野豆腐を油揚げで挟んで焼き、その上に豆乳ソースをかけた「チキン南蛮」の5品。

「MIDOKIプラン」(2850円)は、新鮮野菜のバーニャカウダ、MODOKIメニュー3品、旬の野菜を使った野菜料理2品で構成。このほか、既存メニューにMOIDOKIメニューを追加できるオプションも用意した。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.