THE FOOD WEEKLY

Pickup デジタル・IT/EC 健康・栄養

AIが健康度を判断/シグナルトーク

投稿日:2021年2月4日

食品添加物を分析しランク付け

AIが健康度を判断

加工食品を丸裸にし、健康への影響を判定するチャレンジングな取り組みがスタートした。シグナルトーク(東京都大田区、栢孝文社長)は2月4日から、世界初の新サービス「FoodScore(フードスコア)」を開始。食品のバーコードや原材料名をスキャンすることで食品に含まれる添加物を分析し、健康への影響をAIが数値化する。

同社はこれまで、28万通りの統計情報を基に正しい健康情報のみを伝えるアプリ「my healthy」、仕事のパフォーマンス向上のため、AIが食事や運動のアドバイスを行う「WorkUp AI」など健康に関わるサービスを提供。

新システムではそれらで培った7000人以上のデータをはじめ、添加物摂取と症状の関連データ、米国FDAやEU、WHOの添加物の人体への影響データ、消費者庁や厚生労働省の添加物データ、添加物専門家の書籍情報などをディープラーニング。AIが判断する仕組み(特許出願中)を構築し、添加物研究者の小薮浩二郎氏も協力。

フードリスト画面説明

バーコードなどをスキャンする

スマホでの健康度判定

使用方法はパソコン(Google Chrome、Mozilla FireFoxなど)やスマホ(iOSアプリ)で食品のバーコードや原材料名表記をスキャンすると、添加物の危険度を分析しA~Eの5ランク(100点満点)で健康度を表示。画面にはランクと悪影響を与えるとする原材料が表示され、C以上の食品摂取を推奨。減点方式を採用し、機能性表示や栄養付加などの加点は考慮しない。添加物の細かな含有量は分からないため、表記順を参考に推計し数値化。食品の効果効能をうたうわけではなく、添加物の悪影響のリスト化であるため薬機法の規制対象外(東京都福祉保健局)と法的確認済み。

サイトでは健康度のほか、おいしさについては別に投稿や口コミによる評価項目を設定。amazonやRakutenなどともリンクさせ、検索や購買をしやすくした。利用料金は基本無料で、今後は有料のカウンセリングを開始予定。

当日オンラインで会見した栢社長は、「自分の健康状態に合う食品を探すことができ、健康生活に寄与したい。ノーベル医学・生理学賞も取れるシステム」と自信を語った。一方で加工食品全てを否定するわけではなく、逆に健康に悪いものも理解して食べられるようになるほか、無添加の商品開発を進める小規模事業者や健康系のECサイトなどの支援にもなるとメリットを説明した。

踏み込んだチャレンジングな取り組みは賛否両論ありそうだが、コロナ禍で健康がキーワードとなる中で、関心を呼びそうだ。

WEB限定記事

-Pickup, デジタル・IT/EC, 健康・栄養

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.