THE FOOD WEEKLY

デジタル・IT/EC 健康・栄養

アスリートの献立をAIアプリで/味の素

投稿日:

「勝ち飯AI」β版のユーザーテストを開始

味の素はアスリート向け献立提案AIアプリ「ビクトリープロジェクト 管理栄養士監修勝ち飯AI」β版を開発、ユーザーテストを開始した。

ビクトリープロジェクトのサポート現場で使用される栄養計算基準をアルゴリズム化し、ユーザーがアプリ上で必要情報を入力すれば、AIが栄養基準を満たす献立を提案する。メニューのデータベースには、味の素が運営するレシピサイトのデータを活用。それぞれのメニューに対し、栄養情報に加え、ジャンル、季節、調理時間などさまざまな情報が紐づけられている。

具体的には選手と、食で選手をサポートする調理する人がアカウント連携で利用が可能。選手は性別や体重、体脂肪率などの基礎情報に加え、競技種目や目標を選択し登録する。日々の体組成をアプリに登録し、食事記録の際に味や食べた量を5段階で評価すると、どのくらいの栄養価を摂取したかが分かる。AIはユーザーの好みや味、量を学習し、使えば使うほど選手に最適化された献立を提案する。調理する人は選手の目標や体組成に応じて、AIから提案される10日分の献立から調理するメニューを選ぶことができる。

WEB先行記事

-デジタル・IT/EC, 健康・栄養

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.