THE FOOD WEEKLY

TOPICS 健康・栄養 麺類

栄養素のかたまり!朝食の新習慣を提案/ZENBJAPAN

投稿日:2022年9月21日

新商品・ZENBミール

ZENBミールで栄養バランスに優れた新しい朝食を提案

普段は食べずに捨てていた部分も栄養素のかたまり、可能な限り丸ごと全部を形にした「ZENB」ブランドを販売するZENBJAPANは、黄えんどう豆だけで作った「ZENBミール」による朝の新習慣を提案していく。

SDGs週間にあたる9月20日、東京・港区のカフェでイベントを開催し、累計500万食を販売する人気商品「ZENBヌードル」を愛用する管理栄養士の安中千絵さんと、モデルで美菜屋代表の浅野美奈弥さんが、新商品「ZENBミール」の魅力についてトークショーを行った。

管理栄養士の安中千絵さん(右)と美菜屋代表の浅野美奈弥さん

栄養バランス、特に1日の始まりで大切な朝食において、不足しがちな食物繊維やビタミンB1、鉄分などの栄養素が手軽に取れる点を紹介。調理はレンジで2分30秒(500W)。水加減を調節するだけで、スープに好適な〝さらもち食感〟、ごはんやシリアルメニューにもぴったりな〝とろもち食感〟が楽しめる。また熱湯を加えれば3分で戻すこともできる。市販のスープの素などと組み合わせれば手軽に取り入れられる。

ZENBミールは、話題のオートミールよりもたんぱく質は1.4倍、脂質61%オフ、食物繊維1.4倍、ビタミンB1は3.3倍。おにぎりと比べると、たんぱく質2.4倍、糖質57%オフ、食物繊維2.7倍、ビタミンB1が9.9倍、鉄分13.5倍。糖質の吸収が穏やかな低GI食品で、グルテンフリーにも対応している。

WEB先行記事

-TOPICS, 健康・栄養, 麺類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.