THE FOOD WEEKLY

TOPICS デジタル・IT/EC 国際 嗜好品

アジア圏に珈琲の魅力の発信/UCCコーヒーアカデミー

投稿日:

オンラインセミナーでハワイの農園とライブ中継

UCCコーヒーアカデミーはJTB、BeeCruiseと協働し、アジア地域向けにコーヒーの魅力を発信するオンラインツアー「Coffee Lover's Tour」を7月3日からスタートする。これに先駆け5月20日にプレス向け説明会をオンラインで開催した。

コーヒーの専門知識や技術が学べる同アカデミーは神戸校、東京校を展開。昨年10月からは、新常態に合わせたオンラインセミナーの強化に乗り出し、現在15種類のバラエティー豊かな講習会を提供している。

アフターコロナにおけるインバウンド需要の早期確保に注力するJTBは、コロナ禍でアカデミーに来日できない海外客への企画を検討。業界最大級の海外向け商品代理購入サービス「Buyee(バイイー)」を運営するBEENOSグループのBeeCruiseと協力し提案。UCCグループと協働しツアー開催に至った。

ツアーはアジアに居住するBuyee会員を対象に、UCC直営農園のハワイコナコーヒー・エステート、UCC六甲アイランド工場、同コーヒー博物館、同コーヒーアカデミーをオンラインでつなぎ、一杯のコーヒーが出来るまでを「カップから農園まで」として案内する。

さらに食べ物とのマッチングを提案するドリップコーヒーのギフトセット「チョコフルチーズに合うセット(6個入り)」を参加者に送付。コーヒーのハンドドリップ抽出に挑戦する「おいしいコーヒーの入れ方セミナー」も実施する。

食材とのペアリングにも好適な特別なコーヒー

説明会ではハワイの農園の様子をライブ中継で紹介したほか、ハンドドリップの実演も行った。ゆっくり優しく湯を注ぐのがポイント。なお、「チョコフルチーズに~」は、その名の通り合わせる食材ごとに味覚設計した特別なコーヒー。国内のUCCサイトで販売する「CAFE@HOME」シリーズの新たなギフト商品で、海外セミナーを通してアジア圏の人々の反応を収集し、同社海外拠点と情報交換をしながらマーケティングを進める。

ツアー(全編英語)は7、9、11月の年3回を予定。初回は7月3日で、受講料は税込み6000円、定員は20人。申し込みはBuyeeのサイト(https://page.buyee.jp/ucc/ucc-online-tours/en/index.html)から。

WEB先行記事

-TOPICS, デジタル・IT/EC, 国際, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.