THE FOOD WEEKLY

TOPICS 外食

薩摩牛A4ランクが3980円で食べ放題!/ワタミ

投稿日:

焼肉新業界「上村牧場」、10年で1000億円目指す

渡邊会長㊧とカミチクグループ上村昌志会長

外食大手のワタミは、焼肉の新業態「上村牧場」を5月16日、東京・蒲田にオープン。鹿児島県の薩摩牛A4ランクを食べ放題3980円で提供する、〝高品質和牛×最強コスパ〟の店舗として世界展開を目指す。

同店はワタミが昨年12月、鹿児島県の食肉加工業・カミチクグループと設立した合弁会社「ワタミカミチク」が運営する。カミチクグループがエサづくりからこだわり、飼育する和牛・薩摩牛、南国黒牛を、ワタミが長年培った外食産業のノウハウを掛け合わせた圧倒的な仕入力が強み。店内は回転ずしのような特急レーンを配置し商品提供の迅速化、従業員の省人化で高い生産性を打ち出す。

新型コロナウイルス対策も、従業員のマスク、アルコール噴霧はもちろん、特急レーンでの商品提供が客とスタッフとの必要以上の接点を避けることができ、店内の空気も4分間毎に入れ替える。

メニューは食べ放題(平日120分、土日祝日100分)が中心。「ジャストミート!コース(食べ放題数70品)」(2980円)をはじめ、国産和牛を含む「肉いね!南国黒牛コース」(90品)」(3580円)、薩摩牛A4ランクを含む「モ~烈!和牛マニアコース(110品)」(3980円)を用意する。3コースともボリュームある「Lボーンステーキ」「トマホーク(完熟豚・南国スイートの塊ロース肉)」「ダイヤモンドカルビ」「マウンテンハラミ」、ワタミファームの野菜が並ぶサラダバー、充実のサイドメニューが付く。

6月11日には同店で会見を開き、ワタミの渡邊美樹会長が今後を展望。渡邊会長はかねてから日本の和牛と特急レーンなどの外食でのロボットシステムに魅力を感じ、国内外で通用する新業態を模索していたところカミチクグループと出会った。

今後10年間で国内400店舗、海外300店舗(10カ国)、事業規模1000億円を計画し、すでに6月23日に大阪、年内に台湾、ベトナムでの出店が決まっている。

渡邊会長は「海外でも人気の和牛と日本が誇る外食システム、高い生産性で必ず成功させる」と意気込みを見せた。

〈店舗概要〉所在地=東京都大田区南蒲田2―15―22富士商会ビル2階▽営業時間11時~翌1時(11~16時はランチメニュー580円~あり)・無休▽126席(全席禁煙※喫煙室あり)。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

店舗ホームページ
https://kamimura-bbq.com/

WEB限定記事

-TOPICS, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.