THE FOOD WEEKLY

TOPICS 外食

〝食〟テーマにした地域活性化策/渋谷区

投稿日:2020年11月20日

サッポロビールも賛同

「美味しい渋谷区プロジェクト」を発足

東京都渋谷区は、〝食〟をテーマにした地域活性化策「美味しい渋谷区プロジェクト」を発足。11月19日に同区役所で発表会を開き、長谷部健区長が概要を説明した。

プロジェクトのコンセプトは「美味しく楽しい渋谷区。」。今後特設サイトを立ち上げ、既存飲食店の再発掘、コロナ禍での支援、出店希望者への環境づくりを発信し個性的、魅力的な飲食店の増加を目指す。参加店舗でのドリンク1杯無料などの特典がある、サブスクリプションサービス「渋パス」(月額750円)もスタートし飲食店の売上増加につなげる。

サッポロビール三浦常務

長谷部区長

アドバイザーとして小宮山CEO㊨、川井CFO㊥も参加

プロジェクトには同区に本社を置くサッポロビールをはじめ、グルメメディアのfavy、エンターテインメント企業のポニーキャニオンが賛同し、それぞれの強みを生かした取り組みを行う。またアドバイザーとして、フジテレビ「料理の鉄人」を企画した川井潤氏がCFO(Chief Food Officer)、同区観光大使でミュージシャンの小宮山雄飛氏がCEO(Chief Eat Officer)として参加する。

発表会にはサッポロビールの三浦良祐常務も出席。「飲食店は人々の喜怒哀楽が交錯する大切な場。プロジェクトを通じ渋谷区の多彩な食を伝えたい」と抱負を語った。

渋谷を〝食〟で盛り上げる

サブスクも実施

WEB先行記事

-TOPICS, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.