THE FOOD WEEKLY

TOPICS 酒類

日本初の新製法で〝自然派ビールテイスト炭酸飲料〟/キリンビール

投稿日:2020年2月24日

新たな飲用シーン創出へ「グリーンズフリー」発売

新商品をPRする山形マーケティング部部長㊨と久保育子マーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当

キリンビールはノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリン グリーンズフリー」を3月31日から発売。従来の製法を一新し、ノンアルコールビールの枠を超えた〝自然派ビールテイスト炭酸飲料〟として、新たな飲用シーンを提案する。

同社は新商品開発にあたり、ビール類ユーザーがビール類を飲まない時の爽快ニーズを無糖炭酸水で充足している点に着目。〝おいしく、健康に、気軽にリフレッシュしたい〟という消費者ニーズに向け、麦・ホップ・水を主原料に素材そのものの香りを引き出す日本初の新製法(特許出願中)を採用し、香料、糖類、人口甘味料無添加。麦の香りとホップの味わいが引き立つ爽やかですっきりとした後味が特長で、ビールのおいしさと無糖炭酸飲料の爽快感を両立させた。350ml缶(ルース・6缶パック)/500ml缶(6缶パック)、オープン価格。販売予定数は約158万c/s(大びん換算)。

2月20日には都内で発表会を開催。山形光晴マーケティング部部長は拡大を続ける国内ノンアルコール飲料市場について、運転時やビールが飲めない時、健康に気遣う消費者などに選ばれる一方、物足りなさや味が好きではないといった理由から非ユーザーも多く、「まだビール代替の消極的なイメージが根強い」と指摘。新商品は従来のビール代替としてのノンアルコールの概念に捉われず、消費者のライフスタイルや健康意識、嗜好に合わせ、さまざまシーンで楽しめる〝自然派ビールテイスト炭酸飲料〟として上市し、新たな需要開拓に取り組む方針を示した。

麦・ホップ・水を主原料に日本初の新製法(特許出願中)を採用

ビールテイストと炭酸飲料の良さを両立

WEB先行記事

-TOPICS, 酒類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.