THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS デジタル・IT/EC 小売

リアル店舗でDX活用 アバター接客を導入へ/ローソン

投稿日:

専用ワーカーの募集開始

アバターとともに会見するアビータ・石黒社長㊧とローソン竹増社長

ローソン(竹増貞信社長)は9月22日、品川プリンスホテルおよびオンラインで、アバター活用による新たな接客について会見した。アバター事業を手掛けるAVITA(アビータ/東京都品川区、石黒浩社長)と協業し、制約のない労働環境の実現を図る。

人口減少や人手不足が深刻化する中、ローソンはリアル店舗とDXの活用による新提案を行う。リアル店舗に設置するモニターに登場するアバターを、遠隔操作して接客を行うもの。時間や場所、年齢や性別、様々な障害などに制約されず非接触の接客を実現する。

11月末に都内でオープン予定の未来型店舗「グリーンローソン」に、AVITA社のアバター接客サービス「AVACOM」を導入。アバターを活用した来店客の困りごとへのサポートや商品説明、VTuberとのコラボによるエンターテイメントの提供なども行っていく。

ローソンでは同店舗のアバターワーカーを9月22日から公募(10~30人を採用予定)。検証を行った上で来年度中には東京・大阪の店舗でローソンが設定するアバターワーカー「ローソンアバターオペレーター」50人を育成、2025年には全国約200~500店舗で千人規模まで拡大する。

アバター活用が成功すれば世界中から店舗従業員を集めることも可能。また、ケアローソンのように介護相談窓口を設ける業態では、各店舗にケアマネージャーを1人配置しているが、アバター利用なら1人で複数店舗をフォローすることもできる。

竹増社長は、店舗展開するエリアや来店客それぞれのニーズに対応する「温かいロボティクス化、デジタル化を進めていきたい」と語った。

アバターと会話しながら精算

2022年10月3日付

-TOP NEWS, デジタル・IT/EC, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.