THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 小売

関西エリアの地域深耕で協業へ/H2O×ローソン

投稿日:

駅ナカコンビニ「アズナス」のブランド転換から

荒木社長㊧と竹増社長

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は5月7日、ローソンとの間で包括業務提携契約を締結。緊急事態宣言で延期となっていた説明会を6月24日に阪急うめだ本店で行った。

H2Oは傘下に百貨店・スーパー・EC・コンビニの各業態を擁し、シナジー発揮で地元関西のマーケットシェア拡大を狙う「関西ドミナント化戦略」を推進。グループ企業の駅ナカコンビニ「アズナス」のビジネスパートナーを探す中、同じく関西発祥であるローソンと共に地域深耕が図れると判断した。

H2Oは2016年にセブン&アイ・ホールディングスと資本業務提携を発表したが、セブン所有の百貨店譲受、セブン―イレブンにおけるH2OのSポイント導入で一定の役割を終えた。現状ローソンとの資本提携予定はない。

両社は店舗開発と商品・物流で協業。マーケティングやデータ活用および新サービス開発、サステナビリティの5分野にわたる。まずは、7月26日からアズナス98店舗をローソンへ順次ブランド転換。百貨店EC商品をローソン全店で受け取れる仕組みを21年度下期中に構築する。

この他、食品の共同開発や販売、ローソンでの百貨店ギフトの展開を検討。また、百貨店EC商品の返品回収をローソンで行うことで、コンビニ配送トラックの帰り荷を確保し、積載効率改善にもつなげる。

H2Oの荒木直也社長は「コロナ禍で百貨店が苦戦し、顧客起点のビジネスモデルへの転換が急務」とし、ローソンの商品力や開発力が決め手になったと説明。ローソンの竹増貞信社長は、平準化がコンビニの基本モデルだったことを回顧しつつ「今後の成長にはローカライズが欠かせない」と新しい利便性の追求に意欲を示した。協業するアズナスに関しては電車移動時のついで買いなど、効率的な生活提案ができる点に期待を寄せた。

2021年7月5日付

-TOP NEWS, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.