THE FOOD WEEKLY

外食

五感で楽しむダイニングレストラン/レインズインターナショナル

投稿日:

肉バル「Tabele。」をオープン

自慢の肉塊などを提供

レインズインターナショナル(本社:神奈川県横浜市・根本寿一社長)は五感で楽しむダイニングレストラン「Tabele。(タベル) 溝の口店」を3月29日にグランドオープンする。

店内には120インチの大型スクリーンや音響設備を完備。メインメニューの肉料理を中心に、味や香りだけでなく、目や耳でも食事を楽しめる空間を提供する。今後はスポーツ観戦や結婚式の二次会など幅広いニーズにも対応していく。

オープン初日には、1人29円で参加できる食べ放題イベントを開催。食べ放題のメニューは、いちおしの「塊肉」2種類(牛赤身、トモサンカク)と「ブロシェット」5種類(中落ちカルビ、ソーセージ等)の計7種類を用意。塊肉は3時間かけて丁寧に火を通すことで、しっとりとした柔らかな肉質が特長。鉄串で豪快に焼き上げるブロシェットは外はカリッと香ばしく、中はジューシーに仕上げた。通常はどちらもアラカルト、コースで提供する。

29円食べ放題イベントは7組限定(1組につき最大4人まで)、制限時間は120分。応募はTabele。公式HPで受け付ける。

【「Tabele。概要」▽所在地:神奈川県川崎市高津区溝口1-9-6丸屋ビル4F▽営業時間:ディナー全日16~25時▽坪数・席数:約50坪・73席▽客単価:2800円~3300円

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.