THE FOOD WEEKLY

外食 デジタル・IT/EC

楽天と未来の飲食店を追求/幸楽苑HD

投稿日:

プロ野球「楽天」のオフィシャルスポンサーに

幸楽苑HDの新井田社長㊧と、楽天の三木谷会長兼社長

幸楽苑ホールディングスはITと外食産業の新たな可能性を追求すべく楽天とのコラボを実施。その第一歩として1月29日から「楽天ポイントカード」を全店(517店、1月28日時点)へ導入するとともに、AI技術を活用したデジタルサイネージを試験導入する。

新井田昇社長は1月28日に都内で行った説明会で、「楽天の力により未来の飲食店・外食産業へと踏み出す」と表明。今後、楽天とのさまざまな共同プロジェクトを進めると話した。また、楽天の三木谷浩史会長兼社長は単純にリピートカスタマーを増やすのではなく、色々なデータを駆使してメニュー開発等に発展できると今後のTIとの融合時代を示唆した。

「楽天ポイントカード」は100円の支払いに対して1ポイントを付与。たまったポイントを利用することも可能。サービス開始から2月28日まで、スタート記念キャンペーンを実施する。期間中にポイントカードを提示すれば、通常の2倍のポイントをプレゼント。幸楽苑オリジナルデザインのカードを全店で配布する。

試験導入するデジタルサイネージは、楽天技術研究所が開発したAI搭載の「幸楽苑UmaAIくじ」。お客との新しいコミュニケーション手段として活用する。顔から年齢や性別などを推定し、お勧めメニューを提案するというもの。今後は商品開発への情報収集をはじめ、「クーポンくじ」の発券も予定。

一方、プロ野球の楽天野球団(宮城県仙台市、立花陽三社長)と2019年シーズンのオフィシャルスポンサー契約を締結。東北地区の一部の店舗スタッフが、「楽天イーグルス」のユニフォームで接客するなどの応援企画を実施する。

新井田社長が「幸楽苑UmaAIくじ」を体験

WEB先行記事

-外食, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.