THE FOOD WEEKLY

イベント・講演 乳製品

国産チーズの魅力を紹介/NPO法人チーズプロフェッショナル協会

投稿日:

ニセコチーズ工房とアトリエ・ド・フロマージュが講演

工房自慢のチーズをPRする「ニセコチーズ工房」の近藤オーナー㊧と「アトリエ・ド・フロマージュ」の塩川チーフ

NPO法人チーズプロフェッショナル協会は3月7日、都内で報道関係者向けの国産チーズセミナーを開催した。

冒頭、本間るみ子会長=写真=は「TPP11や日EU・EPAの発効により、今後、輸入乳製品との競合が想定される中、国産チーズのブランド力と競争力を高め、その魅力を広く発信していく必要性がある」と同セミナーの狙いを説明。

今回は国内チーズ工房の生産者を代表し、「ニセコチーズ工房」(北海道)の近藤裕志オーナーと、「アトリエ・ド・フロマージュ」(長野県)の塩川和史チーフを講師に招いた国産チーズセミナーを実施。近藤氏が生産するハードタイプの「二世古 椛(momiji)」と「アトリエ・ド・フロマージュのブルーチーズ」の試食を交えながら、チーズのカットの仕方によるコクの違いや海外産ブルーチーズとの食べ比べが行われた。

また、会場内では昨年10月に開催された国内の優れたナチュラルチーズ(以下、NC)を表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(同協会主催)において、上位に入賞した約20種類の国産NCを展示。海外産チーズにひけを取らない個性豊かな国産NCの魅力をPRした。

「ジャパンチーズアワード2018」の上位入賞チーズ約20種類を展示①

「ジャパンチーズアワード2018」の上位入賞チーズ約20種類を展示②

WEB先行記事

-イベント・講演, 乳製品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.