THE FOOD WEEKLY

TREND View 飲料

鶴瓶、桐生が麦茶談義/伊藤園

投稿日:2020年9月7日

無糖スポドリとして提案

右から桐生選手、相澤マネジャー、鶴瓶さん

伊藤園は「健康ミネラルむぎ茶」ブランドを対象に、「健康に、いい汗かこう!キャンペーン」を9月7日~10月31日まで実施。20年以上ブランドキャラクターを務める笑福亭鶴瓶、陸上短距離の桐生祥秀選手を起用した応募コースを設け、運動時の水分補給の重要性を訴求する。

むぎ茶市場は近年拡大傾向にあり、2019年は約1200億円と推計され、10年間で約3倍になった。背景には夏場の暑さ対策飲料としてだけでなく、健康志向、ノンカフェインニーズの高まり、季節を問わない運動時の水分補給として需要が拡大している。

相澤マネジャー

キャンペーン初日のオンライン発表会で、マーケティング本部麦茶・紅茶ブランドグループブランドマネジャーの相澤治氏は今後の取り組みについて説明。「健康ミネラルむぎ茶」は水分だけでなく、ミネラル成分も補給できることから〝無糖のスポーツドリンク〟としても提案しており、桐生選手をはじめ多くのアスリートから支持されている。コロナ下、在宅時間の増加に伴う運動不足が懸念される中、「むぎ茶で生活者の健康をサポートしたい」と語った。

キャンペーンは2つの応募コースを用意。「鶴瓶さんコース(バーコード5枚で応募)」は抽選で1万人に「健康ミネラルむぎ茶」やオリジナルグッズのセット。「桐生選手コース(バーコード10枚で応募)」は、抽選で10人に小中学生限定で桐生選手の走り方教室への参加が当たる。

会場には鶴瓶さん、桐生選手が登場。普段からむぎ茶を飲んでいる2人だが、鶴瓶さんは「寝る前は枕元にも置いている」、桐生選手は「トレーニングの前後、お風呂など発汗時に飲んで体調管理している」とコメント。また「健康ミネラルむぎ茶」ブランドサイトのスペシャルコンテンツでも共演しており、桐生選手によるトレーニング講座や、桐生選手30m、鶴瓶さん15mの短距離対決などを展開している。

会場でも桐生選手がプチ講座を開き鶴瓶さんが実践。運動後はすぐにむぎ茶を飲み、鶴瓶さんは「9月に入り残暑も厳しい。むぎ茶を飲んで体調には十分気を付けてほしい」と呼び掛けた。

previous arrow
next arrow
Slider

キャンペーンサイト
https://www.mugicha-2020cp.jp

WEB先行記事

-TREND View, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.