Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TREND View 飲料

聖火リレーオリジナル車両3台を公開/日本コカ・コーラ

投稿日:

北島康介氏が一般聖火ランナーにトーチ

東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げる

日本コカ・コーラは、東京2020オリンピック聖火リレー本番をおよそ1カ月前に控えた2月12日、本番で使用されるオリジナル車両3台をチーフ・オリンピック担当・オフィサーの北島康介氏が公開。一般聖火ランナーに選ばれた7人も登場し、本番への意気込みを語った。

今回で12回目となるオリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーとして、3月26日から始まる聖火リレーで使う伴走車3台「コンボイ車両」「特別観覧車両」「フォトブース車両」が公開された。

オリンピックレガシーを説明する日本コカ・コーラ 東京2020オリンピックゼネラルマネージャーの髙橋オリバー氏

PRイベントでは、東京2020オリンピックゼネラルマネージャーの髙橋オリバー氏がオリンピックレガシーについて説明。そして、北島康介氏と東京2020オリンピック聖火リレー統括部長の渡邉和史氏による各車両の紹介。コカ・コーラの一般聖火ランナー7人が登壇し、応募動機や本番への意気込みが披露された。

オリンピック聖火リレーでは、聖火ランナーとチームコカ・コーラの車両が隊列に加わり全国を巡る。フォトブース車両は全国約400カ所で30分ほど停車。特別観覧車両は約250カ所で、聖火リレーが通過するまで90分ほど留まる。コンボイ車両は聖火リレールート上を走行し、DJが聖火ランナーを応援。沿道では「コカ・コーラ」「アクエリアス」「ジョージア」「綾鷹」「い・ろ・は・す」のサンプリングを行う。

さらに各日の各最終市区町村では聖火到着を祝うセレモニー「セレブレーション」が開催され、チームコカ・コーラは未来を担う若い世代が登場し主催ステージも行う。各地域でつながりの強い全国111の中学・高等学校の学生や団体がパフォーマンスを展開する。最終会場は開会式前日の7月23日に東京都港区の芝公園で、前夜祭形式で開催される。

previous arrow
next arrow
コンボイ車両
Slider

WEB先行記事

-TREND View, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.