THE FOOD WEEKLY

TREND View 健康・栄養

森崎友紀監修〝漢方ダイニング〟オープン/かんぽ生命保険

投稿日:2019年1月31日

イベントに橋本マナミとりゅうちぇる

かんぽ生命保険は2015年度から〝おいしく食べて、ココロもカラダも笑顔で健康に!〟をテーマに「かんぽEat&Smileプロジェクト」を推進。その一環として東京ミッドタウン日比谷6階のカフェ「Q CAFE by RoyalGardenCafe」とコラボした「漢方(かんぽう)ダイニング」を1月30日~2月12日の期間限定でオープン。

同社では健康に良いとされる〝漢方〟に着目。料理研究家で中医薬膳指導者の森崎友紀氏監修。漢方になじみのない人にも満足できるように仕上げた「陳皮香るバインミー風サンドイッチ」「手羽先参鶏湯スープのフォー」など全5種類のオリジナル漢方メニューを提供する。同社の健康応援アプリ「すこやかんぽ」をダウンロードし、会計時に提示すれば割引料金となる。また、オリジナ漢方メニューを注文し、アンケートに答えると「かんぽくんクッキー」がもらえる。

なお、同プロジェクトの売上金の全額、または一部をフードバンク団体のセカンドハーベスト・ジャパンに寄付。「子ども食生活応援プロジェクト」活動に役立てられる。

オープン初日には東京ミッドタウン日比谷1階アトリウムにおいて、橋本マナミ、りゅうちぇる、森崎友紀氏を迎えてのオープニングイベントを開催。試食では「鶏肉とトマトの薬膳カレー」と「漢方スパイスのジューシースペアリブ」が提供され、日頃から漢方を取り入れている橋本マナミは「全部おいしそう」と興味津々。りゅうちぇるは「ハードルが高いイメージだが、見方が変わった」などと〝漢方トーク〟で盛り上がった。監修した森崎氏は「身近な食材も多くあり、漢方への誤解を解きたい」と啓蒙への意欲を示した。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-TREND View, 健康・栄養

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.