THE FOOD WEEKLY

TOPICS その他

介護食市場拡大続く/キユーピー

投稿日:2024年7月10日

やさしい献立は25周年

キユーピーは、7月11日「UDF(ユニバーサルデザインフード)の日」を前に、介護にまつわる意識調査の結果を発表した。9回目となる今回は、仕事をしながら家族の介護を行うビジネスケアラーのUDF(やわらか食・とろみ調整)認知率と購入率を調査した。

やわらか食、とろみ調整とも、いずれも認知率は高いものの、一年以内の購入経験はやわらか食で21.8%(認知42.9%)、とろみ調整で12.5%(同26.3%)と少ない現状が5万人超の調査から浮かび上がった。

また、2023年の市販用UDF市場規模(インテージSRI+)は、約59億円(やわらか食44.5億円、とろみ調整14.7億円)。前年比103%(19年比122%)と年々伸長している。ビジネスケアラーは、今後の市場拡大のカギを握る可能性がある。

同社は1988年に日本で初めて市販用介護食を発売。99年に「やさしい献立」にシリーズを刷新し、今年で発売25周年を迎えている。

「やさしい献立」にシリーズ

WEB先行記事

 

-TOPICS, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.