THE FOOD WEEKLY

関西 外食

大阪新阪急ホテルにフードホール/阪急阪神

投稿日:2019年9月2日

関西初出店の3店が登場

うま味にこだわったUMAMI BURGER

阪急阪神ホテルズとエキ・リテール・サービス阪急阪神は、大阪新阪急ホテル1階に「大阪新阪急ホテルフードホール」を9月2日にオープン。多くの人で賑う梅田にトレンドのフードホールを展開することで、国内外客を幅広く取り込み食の楽しさなどを提供する。

運営は3店舗と小規模ながら各店舗とも西日本初出店で注目度は高い。「UMAMI BURGER」はロサンゼルス発の人気ハンバーガーレストラン。米国に25店舗を展開し、国内は東京・神奈川に次ぐ5店舗目。店名は日本語のうま味に由来しており、看板メニューはハンバーガー「umami」1180円(ポテトとドリンクのセットは1380円)。ビーフパティの他、チーズやしいたけ、トマト、さらにうま味を出すウマミダスト、ウマミマスターソースなどの調味料も配合。新店限定の「SPICY JO」同(同)はチポトレアイオリ、ウマミチリソースなどを合わせたソースにコールスローの酸味とアメリカンチーズのコクが加わり、ビーフパティを引き立てる。

新店限定の「SPICY JO」

和食で注目は関東で人気の「廻る元祖寿司」。店内調理にこだわった鮮度の良い江戸前寿司が人気で、関東では27店舗を展開しインバウンドにも好評だ。看板メニューは本まぐろ特上赤身(2貫200円)など。本物の味わいをお値頃に楽しんでもらうため利益度外視のお得なメニューを展開し、特に2貫95円のサービスとろは大阪でも話題を呼びそう。新店では関西の嗜好から関東には無い鯖の押し寿司(2貫200円)も導入した。

東京で話題のパンツェロット(包み揚げピザ)を販売するのが「IL PANZEROTTO」。出店は東京に次ぐ2店舗目。パンツェロットはイタリア・プーリア州バーリ市カプルソという町のダレッシオ家に代々伝わるレシピを元に開発したイタリアのソウルフード。ピザ生地をしっかり熟成させ、牛乳を加えて薄く延ばすことで、パリッと香ばしい食感が味わえ食後の重たさもない。人気は「クラシコ」(500円)で、パリッとした皮を割るとモッツアレラチーズやトマトソースがこぼれだす。

【大阪新阪急ホテルフードホール概要】▽所在地:大阪市北区芝田1丁目1番35号大阪新阪急ホテル1階▽面積:約200㎡▽客席:約60席▽営業時間:11~22時▽客単価:1500円▽1日来場客数:600人。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-関西, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.