THE FOOD WEEKLY

関西 小売

5年ぶり4店舗目の大型業態 南千里店をオープン/光洋

投稿日:2021年11月30日

マーケットガーデン4号店

マーケットガーデンKOHYO南千里店

光洋は11月26日、マーケットガーデンKOHYO南千里店をオープンした。5月に閉店したイオン南千里店跡地に開業した商業施設・tonarie(トナリエ)南千里アネックス1階への出店となる。

周辺の開発事業によりイオン業態の維持が難しくなったため、日本エスコンによりトナリエとして再スタートを切った。KOHYO南千里店は、同社としては大型となる売り場530坪で、450坪以上の店舗で展開するマーケットガーデン業態の出店を決めた。同業態の新店舗は5年ぶりで、光明池、難波湊町、東生駒の各店に続く4店舗目。南千里店は、業態コンセプトの鮮度・ライブ・良質感をより訴求すべく〝親近感〟を重視して取り組む。

水産は同店舗からの取り組みとして、寿司をブランド化。子どもの魚嫌いが指摘される一方で、寿司は子供にも人気のメニューであることから「魚洋(うおなだ)」ブランドとして定着を図る。週末には本マグロの解体販売を計画、マグロの品ぞろえで地域ナンバーワンを目指す。オープン当日は幅広い魚種を展開。マンボウや年末商材のトラフグなどが目を引いた。

精肉は鹿児島県黒毛和牛など、ブランド肉をリーズナブル価格で展開。厚切りのA5等級肉を提供する一頭切り落としセールも定期開催する。農産は関西近郊の葉物野菜やオーガニック野菜が充実。またフルーツサンドや果実のシフォンケーキなど「果物屋さんのスイーツ」を提案。デリカは体をサポートする「からだSELECTサラダ」を新発売。ディナーのメイン料理にも使え、レンジで温めるだけの「チーズインハンバーグセット」も展開。

加工食品はオーガニック商品や植物由来商品を、オーガニック&ナチュラルとしてコーナー化。リカーでもオーガニック&ビーガンワインを積極展開する。また、地元洋菓子店の人気商品も曜日・数量限定で販売する。

【店舗概要】所在地/大阪府吹田市千里山西6-56-1▽売場面積/1740㎡(527坪)▽駐車・駐輪台数/454台、486台▽店長/蟹江雅俊▽従業員数/129人(社員15人)▽売上構成比(SKU)/農産15%(300)、水産12%(500)、精肉15%(170)、デリカ8%(420)、日配25%(2200)、ドライ24.2%(ドライ4900、リカー950)、非食品0.8%(650)

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.