THE FOOD WEEKLY

TOPICS 外食

何と〝A5和牛〟が食べ放題/ワタミ

投稿日:

「焼肉の和民」で生産者応援企画

渡邉会長も自信を持っておススメ

ワタミは、焼肉店「焼肉の和民」のメニューを3月8日から改定。コロナ禍で業績に影響を受ける生産者・食品卸・加工業者の応援企画として、A5の最高級ランク和牛の食べ放題コースを導入した。渡邉美樹会長兼グループCEOは、初日に本社(東京・大田区)で会見し狙いを語った。

外食産業が苦境に陥る中、和牛を扱う業者も販売先を失い悲鳴を上げている。ワタミは打開策としてA5和牛を一年分確保し、「焼肉の和民」において格安で提供することを決めた。新たに導入する「極上!A5和牛コース」は1人4380円(毎月29日は3980円)で、A5ランクの仙台牛(関東店舗)、薩摩牛(関西店舗)のカルビが食べ放題で楽しめる。

渡邉会長は、利益は少ないがA5和牛食べ放題というインパクトから「焼肉といえば『焼肉の和民』」という印象が強く与えられると自信を見せる。3月8~14日は特別価格3980円、LINE公式アカウントでは最大4380円分のQUOカードが当たるキャンペーンも実施する。

「焼肉の和民」は昨年10月に新業態としてオープンして以来、売り上げは順調。特に住宅地の店舗は当初予想を上回り、ファミリー層などリピーターも多い。食べ放題を軸にした高いコストパフォーマンス、特急レーン、配膳ロボットによる接触率の低減、店内の空気を3分に1回完全に入れ替える衛生管理が支持されている。現在の全国21店舗から、来年3月には100店舗を目指す。

また渡邉会長は、緊急事態宣言下における外食産業の現状について言及。感染予防対策として営業時間の短縮に一定の理解は示すものの、「国は納得いく補償、営業規制の根拠を明らかにしてほしい」と苦言を呈した。

previous arrow
next arrow
Slider

「焼肉の和民」サイト
https://yakiniku.watamishopsearch.jp/

WEB限定記事

-TOPICS, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.