Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 ハム・ソーセージ デジタル・IT/EC

養豚にAI・IoT/日本ハム

投稿日:

NTTデータと共同で

日本ハム中央研究所の村上所長㊧とNTTデータの杉山第四製造事業部長

日本ハムは12月19日、ニッポンハムグループの養豚事業会社インターファーム、NTTデータグループと共同でAI・IoTを活用し、豚の健康状態や発情兆候を判定する「スマート養豚プロジェクト」の開始を発表した。今後は養豚の効率・省力化などをトータルサポートする飼育支援システムの開発を進め、来春を目処に、現在IoT機器を導入しているインターファームにAI技術を実装し、その効果を検証していく。

同プロジェクトではまず、インターファームの豚舎にカメラや室温度などの環境センサーを設置。飼育状況をリアルタイムで把握し収集したデータを基に、子豚の健康や母豚の交配可否など、これまで飼育者の判断や観察力、経験値への依存度が高い業務をAIで画像判別することで、畜産業務の労働負荷を軽減するとともに、ノウハウの継承および生産性・品質の安定化を図る。

同日、都内で開催したプロジェクトに関する説明会には、村上博日本ハム中央研究所所長、杉山洋NTTデータ第四製造事業部長らが出席。村上所長は「畜産業におけるAI・IOT技術の活用ノウハウを蓄積し、これらの技術をグループ内の農場に幅広く展開していきたい」と今後について語った。

また、会場では12月からIoT機器導入のモデル豚舎となっているインターファーム知床第一農場のデモ映像を公開。子豚の個体認識や行動量の可視化など、デジタル技術を活用した最新システムを紹介した。

子豚の固体識別や行動量の可視化も実現

WEB先行記事

-注目記事, ハム・ソーセージ, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.