THE FOOD WEEKLY

注目記事 外食

都内最大級のミュージックラウンジ/PLUS TOKYO

投稿日:2018年11月27日

銀座でアート、フード、エンタメを満喫

国内に2人しかいない銭湯絵師が描いた富士山

ワクワクワークス(東京都港区、中川悠介社長)は、東京・銀座一丁目の商業施設「キラリトギンザ」12階と屋上に、都内最大級のミュージックラウンジがオープン。〝ホテルのロビー〟をテーマにした約300坪のラウンジフロアと、リゾート気分を味わえる約180坪の屋上空間の2フロアの「PLUS TOKYO」には、1,000人超の客が集える空間が誕生した。11月26日、報道陣に公開された。

ナイトタイムエコノミーの創出。働き方改革が進む現代社会。2020年に向けて人々の時間の使い方や遊び方が変わろうとしている。「PLUS TOKYO」では音楽を軸に、アートやフード、エンタメの要素が織り込まれたクラブ、カフェバー、ギャラリー、それぞれの顔を持つ従来には無い遊び方を提案する〝オトナの社交場〟を目指す。

フロア内は新進気鋭の芸術家やレジェンド級の銭湯絵師によるアートが随所に施されている。1,000人を収容できるメインフロアには富士山が大きくデザインされ、壁の裏側には赤富士。メインバーのバーカウンターは30mにも及ぶ国内最大級の大きさ。さらにCode Name Groupが手掛ける独創的なカクテルを楽しめるバー「Mixology Spirits Bang(k)」や、全国の有名店とコラボレーションしたフード&ドリンク。音楽を楽しみながら食べられるようフィンガーフードメニューを充実。和洋中の様々な料理をフュージョンしたメニューを揃えている。フロア内の音響はパイオニア製スピーカーが48台設置され、国内外の著名なDJや注目アーティストによるライブなどが展開される。その他VIPルームも用意した。800人を収容できる屋上では夏から秋にかけてはバーベキューも楽しめる。東京スカイツリーと東京タワーが展望できる景色も圧巻。

11月27日のオープン初日にはテイクトウワを中心とした無形クリエイター集団「Graphickers」による〝Graphickers NITE〟や、著名フォトグラファーを擁する集団による「TOKYO PHOTOGRAPHER’S NIGHT」、銀座の老舗和菓子店の店主を中心にした〝アンコマンないと〟の3つのパーティが集結する。さらに、先ごろBTS(防弾少年団)とのコラボ曲をリリースしたばかりのスティーヴ・アオキ氏の来日公演も行われる。
この他、連日にわたってレセプションやパーティが開催され、田中知之(FPM)、大沢真一、アリソン・ワンダーランド、中田ヤスタ氏らが登場予定。

【PLUS TOKYO】住所:〒104-0061東京都中央区銀座1-8-19キラリトギンザ12階・RF/営業時間:月~木11時~翌3時、金・土11時~翌5時、日11時~24時。11月27・28日は完全招待制レセプションパーティ。29日は店休日。30日・12月1日は夜のイベントのみ営業。通常営業は12月2日から。ランチは11時~15時。1,700円~2,200円。5種類のメインメニューとドリンクから選択。23時以降はチャージ料有り。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB限定記事

-注目記事, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.