THE FOOD WEEKLY

注目記事 外食

夫婦の最適な距離は〝898mm〟/マガジンハウス

投稿日:

二人の時間をより豊かにするプロジェクト

右からシェルシュの丸山氏、日本たばこの大平氏、マガジンハウスの岸辺編集長、田中シェフ

マガジンハウスは日本たばこ産業の協力の下、夫婦が快適に会話できる距離〝898mm〟で食事が楽しめる新感覚レストラン「TABL898」を11月22日の「いい夫婦の日」から12月2日までの期間限定でオープンする。

マガジンハウスでは夫婦の時間をより縮め、二人の時間をより豊かにすることをテーマにした「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトを発足。今回はその一環として向き合って目を合わせて会話し、さらに料理をおいしく楽しめる機会を提供。ギャラリーをテーマにランプや食器など細部にまでこだわり、洗練された空間を演出した。店舗を総合プロデュースしたのはcherche inc.代表でレストランプロデューサー兼シェフの丸山智博氏。料理はモダンフレンチのRESTAURANT A.Tのオーナーシェフの田中淳氏。

料理は「TABL898」のために趣向を凝らしたフルコースで、「結び/アミューズ」「時の流れ/冷前菜」「夫婦/温前菜」「奇跡の出会い/メイン(魚)」「絆/メイン(肉)」「豊麗/デザートの全6品。食材が持つ意味合いを考慮した上、二つにセパレートされる形状のお皿などで上品に提供される。料金は7000円(ドリンク別)。プラス4000円でアルコールペアリングが楽しめる。

快適な距離は協力した日本たばこ産業が心理学者の晴香葉子氏監修の下、夫婦40組の実証実験から平均値を算出。ちょうど良い距離での会話は不要なストレスを回避し、良好な関係性の維持と向上につながるという。なお実証実験の最小値は670mmで、最高値は1500mmだった。

【店舗概要】住所=東京都渋谷区西原3-12-14▽営業時間18~20時/20時45〜22時45分(2部・完全予約制)▽予約番号03-6327-2267

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

 

-注目記事, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.