THE FOOD WEEKLY

注目記事 外食

金胡麻ミルク珈琲復活/上島珈琲店

投稿日:2018年11月22日

赤坂一ツ木通りモデル拡充へ

冬の限定メニュー

UCCグループの外食事業を担当するユーシーシーフードサービスシステムズ(UFS)は、主力業態「上島珈琲店」で11月21日から冬の限定メニュー3品を発売。20日に「赤坂一ツ木通り店」で上島成介社長=写真=が会見、その狙いを語った。

ファンの要望に応え「金胡麻ミルク珈琲」(税込S460円、M510円、L630円)を10カ月振りに復活した。自慢のダブルネルドリップコーヒーを使用したミルク珈琲に、注文後に摺る濃厚で香ばしい金胡麻を組み合わせる。トッピングする金胡麻ソースはホワイトチョコレートを加え濃厚でミルキーに仕上げた。

また、「柚子ミルク珈琲」(S440円、M490円、L610円)はミルク珈琲に高知県産100%の柚子パウダーを合わせた華やかな香りが特徴。柚子の香りを邪魔しない癖の少ないれんげ蜂蜜を使用し、優しい甘さにこだわった。

「蜂蜜かりんしょうが湯」(S400円、M450円、L570円)は丁寧にスライスして砂糖蜜に漬け込んだかりんにれんげ蜂蜜、和三蜜糖、高知県産の生姜を合わせた。寒い季節に体の芯から温まるホットドリンクとして提案する。

「赤坂一ツ木通り店」は次世代型店舗として位置づけており、淹れたてのコーヒーの味わいが維持できる新型ネルドリップマシンや、独自のアイスブリュードコーヒーサーバーを採用。人気が高まっているシングルオリジンコーヒーも充実し、トレンドを取り入れた内装など多様化するニーズに対応する。上島社長は「今後既存店も同様にブラッシュアップし、新たな需要を掘り起こしたい」と意欲を見せた。

 

WEB先行記事

-注目記事, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.