THE FOOD WEEKLY

注目記事 小麦・大豆・米

「映画を塗る仕事」展/三鷹の森ジブリ美術館

投稿日:2018年11月18日

新企画展示がスタート

展示室入り口ではトトロがお出迎え

東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館(安西香月館長/運営:公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団)で、11月17日から新企画展示「映画を塗る仕事」がスタート。オープン前日、報道陣に公開された。同美術館には日清製粉グループが2014年5月から継続的に協賛している。

約1年半ぶり、17回目となる企画展示は来年11月までの公開予定。日清製粉グループ、丸紅新電力が協賛する。今回は高畑勲監督や宮崎駿監督が目指した豊かな画面作りを色彩の面から紐解く。会場入り口ではお腹の部分に電灯があたるトトロがお出迎え。時刻によって色彩が変わるネコバスの様子など光と影、昼と夜、肌の色などの変化を40枚のパネルと196枚のセル画で表現した。

入場は日時指定の予約制で、料金は大人・大学生は1000円、高校・中学生は700円、小学生は400円、幼児(4歳以上)100円、4歳未満は無料。チケットは毎月10日に翌月入場分のチケットを、インターネットか電話、ローソン店内のLoppiで発売。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 小麦・大豆・米

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.