THE FOOD WEEKLY

注目記事 飲料 嗜好品

話題のチーズティー/三井農林

投稿日:2018年11月1日

日東紅茶が限定カフェ

話題のチーズティーを提供

三井農林は発売50周年を迎えた「日東紅茶 デイリークラブ」の販売プロモーションを強化。10月31日~11月4日にかけて、話題の〝チーズティー〟が楽しめるポップアップストア「日東紅茶 Tea Stand」を東京ミッドタウン日比谷アトリウムにオープン。紅茶の需要期に向けて市場の活性化を図る。

「日東紅茶」ブランドが誕生したのは1927年。当時高級品だった紅茶を日本に根付かせようと80年前、東京・日比谷に庭園付きガラス張りティールーム「庭園式ティーハウス日東コーナーハウス」を開き人気を集めた。そこで今回は「非日常のわたくし」をコンセプトに、現代版「日東コーナーハウス」を企画した。

「日東紅茶 Tea Stand」では台湾発祥で世界的人気の「チーズティー」を提案。ミルクティーをベースに濃厚なクリームチーズとともに、紅茶感がしっかり味わえる「オリジナルチーズミルクティー」(400円)を提供する。人気チョコレートショップ「マックス ブレナー」のスイーツ(200円~)、アールグレイや抹茶を使ったパウンドケーキ(300円)などのフードメニューも充実。特設ブースでは5種類の紅茶から香り、渋み、苦みなど好みの味が作れるブレンド体験会「My Craft Tea」も無料で行う。

初日のオープニングイベントでは堺弘行社長が挨拶。「日東紅茶ゆかりの地にカフェをオープンできることは感慨深い。非日常感をテーマにバラエティ豊かな紅茶の世界を提案したい」と出店の狙いを説明した。
また、11月上旬から楽天市場の直営店「三井農林Tea Mart」など通販チャネルで、50年前のパッケージを再現した「日東紅茶 ティーバッグ 復刻デザイン」(2.2g×25袋、290円)を数量限定で発売する。堺社長は「今後も日東紅茶は100年ブランドを目指し様々な施策を展開する」と意気込みを語った。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 飲料, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.