THE FOOD WEEKLY

注目記事 展示会 生鮮 その他

農林水産物を世界へ/フード・アクション・ニッポン

投稿日:2018年10月25日

第10回アワードを選出

10人の受賞者と審査委員

国産農林水産物の消費拡大への取り組み「フード・アクション・ニッポン」は10月23日、リーガロイヤルホテル東京で「フード・アクション・ニッポン アワード2018」の最終審査会及び表彰式を開催した。

今年で10回目を迎えた同アワードは、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体などの優れた産品を表彰し、さらなる取り組みの強化を促進する。今年も大手流通、外食、百貨店のトップ10人が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品をコンテスト形式で発掘し、各社の販路を通じて販売する。

最終審査会(主催:農林水産省)では、1125産品の応募の中から一次審査を経て入賞した100産品を最終審査委員が試食を交えながら、開発背景やストーリーなどを基準にそれぞれ1品を選定。また、和食文化がユネスコ無形文化遺産に登録され5周年を迎えた今年は、子どもや忙しい子育て世代に健康的な「和ごはん」を食べる機会を増やすことで、和食文化の保護・継承に繋げる「Let‘s!和ごはんプロジェクト」の趣旨に沿った3産品を特別賞に選んだ。

表彰式の冒頭挨拶で小野稔農林水産省大臣官房審議官=写真=は次のようにコメントした。

「近年、日本の食文化は世界中から注目され、訪日外国人は食事だけでなく食の伝統などを求め地方まで足を運んでいる。今後、東京五輪に向け訪日外国人の増加が予想される。滞在中の多様な体験の中に食を組み合せることで、日本食材の新たな需要創出につなげる新たな枠組みとして『食・駆けるプロジェクト』を立ち上げた。今回の受賞産品はこの枠組みを活用し、国内外の販路も視野に入れていきたい」。

なお、アワード受賞10産品と特別賞3産品は次の通り。審査員・受賞者・商品名(都道府県)の順。

【アワード受賞】アマゾンジャパン合同会社・前田宏バイスプレジデント=一般社団法人占冠村木質バイオマス生産組合占冠村産メープルシロップ「トペニワッカ」(北海道)▽イオンリテール・岡崎双一社長=モチクリームジャパン「モチソース」(兵庫県)▽イトーヨーカ堂・三枝富博社長=安田屋「もちピザシート」(宮崎県)▽オンワードホールディングス・保元道宣社長=小国おみやげプロジェクト「小国ジャージーバターサンド」(熊本県)▽紀ノ國屋・堤口貴子社長=ふたみ青果「DREETS CHOCOLAT」(北海道)。

トランジットジェネラルオフィス・垂水謙児副社長=海田園黒坂製茶「茶ノベーゼ」(岡山県)▽阪急阪神百貨店・荒木直也社長=宝福一「福の誉 じゃことらっきょうの生ラー油」(鳥取県)▽フォーシーズ・松井謙常務執行役員=社会福祉法人くりのみ園「おぶせのたまご」(長野県)▽ローソン・宮﨑純専務執行役員コミュニケーション本部長=ましこカンパニー「とろたまぷりん」(栃木県)▽日本料理日本橋ゆかり主人・野永喜三夫氏=門崎「格之進 牛醤」(岩手県)。

【特別賞】岩谷「紀州梅真鯛梅 六個入」(和歌山県)、すが野「ごはんにかけるごぼうと昆布」(栃木県)、エムコーポレーション「金華鯖ずし」(宮城県)。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 展示会, 生鮮, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.