THE FOOD WEEKLY

注目記事 嗜好品 小売

コーヒーで健康応援/ブルックス

投稿日:2018年10月23日

カフェサプリで癒しを

ブルックスは10月22日の「ドリップコーヒーの日」に、健康応援コーヒー「カフェサプリ」シリーズ4品を新発売。東京・原宿の「BROOK‘S ME―BYO cafe」で発売記念イベントも行った。

今年創業50周年を迎える同社は創業当初から「美と健康」をテーマにした商品開発を展開。近年は病気の一歩手前の状態「未病」の改善にも注力しており、春には神奈川県大井町に「未病バレー〝ビオトピア〟」もオープンした。約60万㎡の広大な敷地に遊歩道など多数の施設を設け、計画を上回る来場者で賑わいを見せている。

今回、ラインアップを拡充させる「カフェサプリ」シリーズは〝1日1杯の健康応援〟をコンセプトに2004年から展開。デイリーユースの「サプリメント」タイプ3品、「天然素材」タイプ4品のリニューアルのほか、新たに「和漢」タイプ3品、スペシャルユース1品を追加する。

スペシャルユース「カフェサプリ 森の風薫るコーヒー」(1袋15g、税込648円)は、心の癒しが体感できるコーヒーを提案。挽き豆をドリップバッグに充填後、ウイスキーオークのチップで燻製して香り付けし、酸味を抑えコクと苦味の中にほのかなウイスキーの風味が楽しめる。

小川裕子社長=写真=は「森の中をゆっくり散策し、深いリラックスへと導かれる〝癒し〟のコーヒー」と表現。「遊歩道などの自然から着想した」と説明し、薫る、味わう、視る、触れる、聴くといった五感を開放する設計にこだわった。

デイリーユースの新商品「和漢」タイプは、コーヒーに古来から伝わる「気・血・水」の考え方に基づいた和漢植物エキスを配合。「ほっと珈琲」はクチナシ果実、大豆発酵物入りで気分転換に、「ぽかぽか珈琲」はミツカトウ、ベニバナなどが入り血液循環に、「うるつや珈琲」はハトムギ、アズキなどが入り水分循環に好適。コーヒーは和漢素材の独特の味わいに調和する豆、焙煎、挽き方にこだわり気分や体調に合わせ選べる。各1袋10g、162円。

新商品にまつわるゲストトークでは、作家のC.W.ニコル氏が「心に木を植える」、日本東洋医学会名誉会員の鹿野美弘氏は「病気はどこから?」について語った。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 嗜好品, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.