THE FOOD WEEKLY

注目記事 展示会 嗜好品

フォトコンテスト開催/全日本コーヒー協会

投稿日:2018年10月1日

10月1日はコーヒーの日

左から審査委員長の写真家・織作峰子氏、グランプリ受賞者の藤原巧氏、横山会長

全日本コーヒー協会は9月29日に第3回「Life with Coffee フォトコンテスト2018」表彰式を東京・池袋のサンシャインシティで開催した。

同協会は「10月1日は国際コーヒーの日」を記念し「コーヒーの飲用シーン」をテーマにフォトコンテストを毎年実施。3回目の今年は4700超の応募作品の中から厳正な審査の結果、6部門賞とスペシャルサポーターを努めた俳優の原田龍二が選んだ特別賞、グランプリを決めた。

グランプリには「くつろぎ with Coffee賞」(全日本コーヒー商工組合連合会賞)の「娘のお昼寝は珈琲タイム」(藤原巧氏/千葉県)が選ばれた。藤原氏は「趣味のカメラとコーヒーで賞を頂けて光栄。妻と娘に感謝したい」と喜びを語った。

各賞は次の通り。「愛する人と with Coffee賞」(日本家庭用レギュラーコーヒー工業会賞)=「縁側coffee」(松田昌樹氏/広島県)。「アウトドア with Coffee賞」(日本インスタントコーヒー協会賞)=「氷の湖上で」(小谷暢之氏/鳥取県)。「仕事の合間 with Coffee賞」(日本グリーンコーヒー協会賞)=「最後はやっぱりコレ。」(小林紀之氏/岡山県)。「旅先で with Coffee賞」(日本珈琲輸入協会賞)=「コーヒーセレモニー」(鈴木新太郎氏/東京都)。「インスタグラムで with Coffee賞」(インスタグラム 賞 ゴールド)=「私だけの特別な時間」(塩月千春氏/兵庫県)。原田龍二賞=「メジロとコーヒータイム」(小野真氏/埼玉県)。

表彰式で横山敬一会長は「今回もコーヒーを介した楽しい写真が多く応募され、どれも力作揃いだった」と講評。さらに「1~7月のコーヒー消費量は前年同期比103%で推移しており、これからコーヒー需要期を迎え過去最高の消費量を期待している」と展望を語った。

表彰式後は一般来場者向けにコーヒーの試飲イベントやサンプリング、京都会場で行われたサンバショーの中継放送もあり盛り上りを見せた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 展示会, 嗜好品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.