THE FOOD WEEKLY

注目記事 調味料・香辛料 小麦・大豆・米

親子で味噌仕込みに挑戦/フジッコ×ヤマト醤油味噌

投稿日:2018年8月1日

蒸し大豆の魅力を知る講習会

蒸し豆をしっかり潰す

フジッコと加賀味噌の老舗商店・ヤマト醤油味噌(所在地:石川県金沢市)は7月30日と8月22日の2回、東京都目黒区の天恩山五百羅漢寺で「フジッコ×ヤマト醤油味噌 大豆パワーと味の実験室」を開催。7月30日の第1回講習会には小学生の親子11組23人が参加した。

若い世代の豆離れが進んでいる中、天然の健康食品として古来より日本人に親しまれ、寺院の精進料理にも多く活用される大豆。講習会では様々な栄養を含み、加工することで変幻自在に姿を変える蒸し大豆の魅力を伝えるため、夏休みの自由研究としても役立つプログラムを用意。

当日は天恩山五百羅漢寺の佐山拓郎住職が日本人と大豆の関係について、フジッコ研究開発部主任の難波文男氏が大豆の育成方法や栄養素などを説明。味噌の仕込み実習では、ヤマト醤油味噌四代目当主の山本晴一代表取締役が講師となり、水で戻した米糀に塩、種みそと、潰した蒸し大豆を混ぜて作る仕込みの工程を指南した。味噌の完成まで半年かかるため、参加者は味噌を自宅に持ち帰り、色の変化などを継続的に観察することができる。実習後は大豆料理の試食も行われた。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 調味料・香辛料, 小麦・大豆・米

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.