THE FOOD WEEKLY

TREND View 外食

あの290円中華そば/幸楽苑

投稿日:2018年9月14日

「創業祭」10日間限定で復活

三戸なつめさんと味マン

あの〝290円中華そば〟が3年ぶりに復活する。幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市、新井田傳社長)は9月22日に創業64周年を迎えるに際し、「創業祭」を9月15~24日の期間開催。「中華そばクラシック(Classic)」を10日間限定で販売する。

創業祭では幸楽苑全店舗で、「中華そばクラシック(Classic)」(290円)のほか、「新・極上中華そば」(390円)との食べ比べセットも640円で販売。さらに抽選で200人に食事券などが当たる公式Twitterキャンペーンも実施する。

9月14日には六本木店で記念イベントが行われ、新井田昇副社長とCMに出演する三戸なつめさんが登場。新井田副社長は今期から取り組む経営改革の進捗について順調さをアピール。4月下旬に発売した「新・極上中華そば」の累計販売数が600万杯を突破。同じく刷新した餃子も800万皿と好調な販売に手応えをみせた。

また、長年行ってきた餃子無料券の配布を止めたことによる客数への影響を当初8%減と見積もっていたが、現状4%減に止めた。売上高は前年同期比99%で推移。7月の猛暑で苦戦する場面もあったが、8月は盛り返しを見せている。

全体収益の面では赤字店舗を「いきなりステーキ」に業態転換を進めた(前期3店舗、今期13店舗)効果をはじめ、「新・極上中華そば」「新餃子」など新メニューも好評。SNS戦略を強化するなど収益改善が進んでいる(新井田副社長)。

9月18日から放映される新CMに出演する三戸なつめさんは「安心できる味。中華そばと餃子がおススメ。舞台稽古の後で六本木店をよく利用しました」と絶賛。さらに「今度はラーメンを作りたい。1日店員とか。麺の湯切りをやってみたい」とリクエスト、ラーメン好きぶりもアピールした。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-TREND View, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.