THE FOOD WEEKLY

TREND View 冷凍食品

10月18日は冷食の日/日本冷凍食品協会

投稿日:

都内で普及啓発イベント

左から伊藤会長、安さん、三國シェフ

日本冷凍食品協会は10月18日の「冷凍食品の日」を記念し、同日都内でPRイベント「10月18日は『冷凍食品の日』~ココロにおいしい、冷凍食品~」を開催。冷凍食品の簡便性、味わいがもたらす「時間の余裕」「心のゆとり」を提案した。

協会は1986年に冷凍(レイトウ)のトウ(10)と、冷凍食品の保存温度マイナス18℃以下から、10月18日を「冷凍食品の日」に制定。さらに10月は「冷凍食品月間」として普及、啓発活動にも力を入れている。

イベントでは冒頭、伊藤滋会長(マルハニチロ社長)が「冷凍食品は便利なだけでなく、味わいの向上もあり市場は拡大している」と挨拶。市販用だけでなく中食、外食と幅広い用途で使われており「これからも幸せが広がる身近な食品でありたい」と展望を語った。

第一部のトークセッションではタレントの安めぐみさん、冷凍食品アンバサダーで東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問の料理家・三國清三シェフが冷凍食品の魅力を紹介。安さんは「冷凍食品は買い置きできて、お弁当、食卓で普段から利用している」、三國シェフも「旬の食材を急速冷凍するので栄養価も高い」とそれぞれアピール。

調理デモンストレーションでは、安さんが冷凍食品アレンジメニュー「クリームコロッケグラタン」「マンゴースムージー」に挑戦。華麗な包丁さばきを披露するなど、三國シェフを唸らせる腕前を見せた。

第二部の試食会では世界の料理、パーティー、スイーツなどテーマごとに冷凍食品を活用したメニューを用意。イベントに当選した一般招待客235人がブッフェ台に列をなし絶品メニューに舌鼓を打った。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-TREND View, 冷凍食品

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.