THE FOOD WEEKLY

TREND View 調味料・香辛料

味確認室プロジェクト始動/Mizkan

投稿日:2018年6月12日

草野仁と横澤夏子がPR

Mizkanは6月12日、同社の味覚のプロ集団が推進する「味確認室プロジェクト」が発足。同日都内でキックオフイベントを開催した。
2014年に立ち上げた味確認室とは味作りをサポートする全18人の社内組織。一流の料理店などで修業し、料理人の言葉や表現の本質を学んだ。その上で匠の技や知恵を開発部門に的確に伝える伝達機能を担う。
プロジェクト第1弾は料理教室「一流料理店で学ぶ、だしを極める1日料理修行」を7月12日、8月8日に開催。だしの重要性や奥深さを伝える。割烹すずき(東京都目黒区)にて鈴木好次料理長がだしの取り方をはじめ、最高峰の家庭の味を目指した新調味料ブランド「PIN(ピン)印」第1弾の本格料理だし「八方だし」を使ったメニューなどを紹介する。
イベントには草野仁と横澤夏子が登場してトークセッションや、だしを使った料理教室を行った。割烹すずきの鈴木料理長の指導の下、横澤さんが野菜の煮浸しを調理し草野さんに食べさせてあげる場面も。草野さんは「素敵な味が広がってくる」と笑顔を見せた。

「八方だし」を使ったメニューも披露

WEB先行記事

-TREND View, 調味料・香辛料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.