THE FOOD WEEKLY

TREND View 麺類

QTTA1周年プロモ/東洋水産

投稿日:2018年3月26日

2年目は新たな商品展開へ

東洋水産は3月13日から「マルちゃんQTTA」(昨年3月27日発売)の1周年を記念した体験型プロモーションを展開。また3月26日には既存3品をリニューアルするとともに、4品目の新フレーバー〈CURRYラーメン〉を新発売する。
若者を応援する「QTTAエールプロジェクト」の一環として体験型プロモを展開する。東京・渋谷に「♯QTTAshibuya」店舗を3月15日~4月1日までの期間限定でオープン。自分だけのオリジナル「QTTA」が食べられる。フレーバーは3種類で、12種類の具材の中から4種を選ぶ。価格は150円。初日にはお笑いコンビのメイプル超合金(安藤なつ、カズレーザー)が1日店長を務め、若者を中心に大いにアピールした。
新生「マルちゃんQTTA」(180円)の既存〈SHO─YU、SEAFOOD、TONKOTSU〉は麺重量を6g増の66gとし満足感を向上させ、スープも濃厚感を出すなど改良した。新味〈CURRY〉は、ラードの旨みが染み出すスパイシーな仕上がり。ご飯との相性も考慮した。味付け挽き肉、ポテト、玉ねぎ、ネギ入り。
3月15日によしもと∞ホールで開催の発表会で沖斉常務取締役は初年度の展開として「認知や好感度を上げ、理解促進に重点を置いて、様々なコミュニケーションを実施した」と振り返った。昨年10月の調査ではブランド認知率が8割に達した。
発売から3月末までの1年間の「マルちゃんQTTA」シリーズの出荷数量は343万ケースを見込む。2年目の課題はやはり認知率向上とトライアル促進。若者層のほか、その親世代などに向けた新たな商品展開や施策を模索する考え。

2018年3月26日付

-TREND View, 麺類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.