THE FOOD WEEKLY

TOPICS

文科大臣賞を受賞/伊藤忠食品

投稿日:2018年3月12日

商業高校への教育支援など評価

伊藤忠食品は文部科学省主催の「青少年の体験活動推進企業表彰」において「文部科学大臣賞」(大企業部門)を受賞し、3月1日に文部科学省(東京都千代田区)で表彰式及びシンポジウムが行われた。
同表彰は社会貢献活動の一環として、青少年の体験活動の充実に向けた企業の取り組みを表彰し、全国へ広く紹介することでそれらの体験活動の推進を図ることを目的とするもの。受賞対象は「食に関わる若い人材の育成・食育」「地域食文化の継承」の観点から、同社がCSR・CSV活動の一環として開催している「商業高校フードグランプリ」で、その取り組みが評価された。
「同グランプリ」は商業高校生が地域の特産品を使いメーカーと共同開発した商品を全国から募集し、コンテストを通じて流通・販売可能な商品の条件や課題を学び、商品の改良や次の商品開発に活かすことで、地域食文化の継承に寄与することを趣旨として13年度から計5回開催。また、同社はこれらの取り組みを通じ、商業高校生の熱心な学習姿勢を改めて理解するとともに、16年度より22年ぶりに高卒者の採用を再開した。
表彰式に合わせて行われた事例発表では、経営戦略部星利夫部長=写真=が「『商業高校フードグランプリ』~食に関わる若い人材育成・食育~」と題し、同グランプリの取り組みについて紹介。星部長は続くパネルディスカッションにもパネリストとして登壇した。
また、食品メーカーでは東洋水産が「フリーズドライスープをテーマにした継続的な食育活動」、森永乳業は森永リトルエンゼル育成「第2回森と食の探検隊」、アサヒ飲料が乳酸菌をテーマにした小学生向け出前授業「『カルピス』こども乳酸菌研究所」、キリンの「キリン・スクール・チャレンジ」が審査委員会奨励賞(大企業部門)を受賞した。=写真は受賞企業の代表者

2018年3月12日付

-TOPICS,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.