THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS その他

遺伝子検査精度向上へ/日本製粉

投稿日:

リコー、農研機構共同で

DNA分子が所定の数だけ入った標準物質により、遺伝子検査の精度を向上させる。リコー、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下農研機構)、日本製粉グループのファスマックの三者は共同で、リコーが保有するバイオプリンティング技術(インクジェット技術の応用)を活用し、DNA分子数を1個単位で制御する新しい標準物質の製造に成功した。
標準物質とは成分の含有量が明確にされた測定の基準となる物質で、これまではDNA分子の数が個数単位で制御された標準物質を製造することは不可能とされてきた。今回のバイオプリンティング技術の活用により、遺伝子組み換え食品やがん・感染症の検査など、特定のDNAを検出する遺伝子検査用の標準物質の製造が可能となり、検査の精度向上に繋げる。
具体的には農研機構で開発したターゲット遺伝子配列を組み込んだ遺伝子組み換え酵母を、リコーのバイオプリンティング技術を用いて1個単位で決まった数だけプレート上のウェル(くぼみ)に分注し、特定の遺伝子配列のDNA分子が所定の数だけ入ったDNA標準物質を製造する。バイオプリンティング技術で細胞を扱うことで生産性も高い。
この製造法によるDNA標準物質を用いることで、遺伝子検査装置、試薬、遺伝子検査手法の精度管理を従来以上に高めるとともに、遺伝子組み換え食品検査精度の向上や、がん・感染症の見逃しなどを防ぐことに繋がる。
三者は共同でリアルタイムPCRを用いた評価を実施し、1分子から1000分子という従来には無い低濃度領域における検量線(検査対象物質の濃度を測る基準となる、標準物質を用いた測定結果のグラフ)作成が可能であることが分かった。
なお、リコーはインクジェット技術を応用したバイオプリンティングの要素技術として、細胞を安定的に吐出することが出来るヘッド、及び吐出した液滴中の細胞数をカウントする技術の開発を行ってきた。農研機構とファスマックは遺伝子組み換え食品の検査を中心に遺伝子検査に関する技術開発、及び1分子DNA標準物質の開発と検査手法の国際標準化に長年携わってきた。

2018年6月11日付

-TOP NEWS, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.