THE FOOD WEEKLY

菓子 国際

日本・アジア市場を強化へ/FERRERO

投稿日:2018年12月14日

日本進出40周年でブランド価値訴求

 

金色のロシェツリー

イタリアの老舗チョコレートメーカーのFERRERO(フェレロ)が1978年の日本進出以来、今年で40周年を迎えた。12月12日に東京・港区三田のイタリア大使館でメディア説明会を開き、改めて企業の歴史、CSR活動とともに、ブランドや品質へのこだわり、今後の戦略などについて説明した。

現在、日本市場では伊藤忠グループとの提携により、流通ルートを強化。金色の紙に包まれた「フェレロ ロシェ」をはじめ、人気のスプレット「ヌテラ」を展開する。2017/18年度の総小売売上高は3000万ドル、日本円にして34億円を上回る。

フェレロアジア太平洋/韓国・日本担当のマッシモ・ダンブロージオ氏=写真=は、フェレロの戦略面において日本は世界で第6位のチョコレート市場で極めて重要な市場とし、「日本のパートナーとのつながりを深くする」とアジアマーケットの重要性を説明した。

また、日本での展開については「複雑さと微妙なニュアンスに対する深い理解が求められる」などと話した。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB限定記事

-菓子, 国際

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.