THE FOOD WEEKLY

関西 小売

ライフ大和高田店がリニューアル/ライフCO.

投稿日:2018年11月22日

新商業施設「トナリエ大和高田」内に出店

ライフトナリエ大和高田店

ライフコーポレーションは奈良県大和高田市の「大和高田店」を、新しい商業施設・トナリエ大和高田に移転、11月23日に「ライフトナリエ大和高田店」としてグランドオープンする。21・22日にはプレオープンが行われた。

旧店舗はオークタウン内でダイエー撤退後の2005年に出店。その後施設全体が老朽化したことから今回の移転リニューアルを決めた。新たな施設周辺は近鉄大和高田駅と直結しており、マンション新設等の開発が進む。旧店舗では取り込めていなかったニューファミリー層など(20~30歳代)の需要獲得に期待がかかる。

奈良県下には改装店舗を含め4店舗を展開し売上高は総額107億円。今回の改装を受けて前年比110%を計画する。足元商圏ではオークワ高田神楽店、近商ストア大和高田店、2km圏ではイズミヤ広陵店、イオン橿原店など競合は多い。消費者の価格志向も強いため、若者層を取り込み客数増でカバーする。

農産では食べ比べ企画として、和歌山や愛媛のみかん3種を1袋に詰めた提案や店内の焼き芋機で焼き上げる、その時期に一番おいしい焼き芋(当日は安納芋とシルクスイート)を紹介し試食を行った。鮮魚は焼き魚をインストア加工(スチコン調理)し、特に高齢者向けに即食を提案。さらに当店舗からの提案となる海鮮丼も店内調理で鮮度を訴求する。畜産でも店内加工のローストビーフを強化した。デリカは人気の「おかずバイキング」ほか、店内調理のローストビーフを提案し若年層需要を期待する。

加食はイタリアワイン「キャンティ ラ・ピウマ」(750ml、800円)で価格・品質を訴求。さらに「ニッカが特別に仕立てたフルーティな芋焼酎」(720ml、1780円)を同社として初導入。価値訴求のPB・ライフプレミアムの新商品「国産トマトで作ったトマトケチャップ」(380g、498円)もエンドで展開。このほか駄菓子やアレルギー対応および低糖質商材を強化した。日配では地元商材を積極導入している。

【概要】住所〒635-0015奈良県大和高田市幸町3-18▽電話0745-52-1181▽構造・規模/鉄骨造、地上3階建、売場面積1667㎡、駐車台数539台▽従業員数81人(社員16人)▽売上構成比(%)農産13.5、水産8.6、畜産11.5、惣菜11.5、IB2.4、日配21.1、ドライ26.4(うち菓子6.0、酒3.8)、生関5.0。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

WEB先行記事

-関西, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.