THE FOOD WEEKLY

関西 カレー・シチュー 小売

第10弾はハウスとカレーパン/阪急うめだ本店

投稿日:2018年11月3日

バーモントとジャワで驚きのボリューム感

阪急うめだ本店(阪急阪神百貨店運営)の食品売場に、ハウス食品直営のカレーパン専門店「ハウス カレーパンノヒ」が11月14日にオープン。阪急阪神百貨店はブランド力向上を目的に、有名企業とのコラボを通じて阪急うめだ本店限定の商品を開発、今回は節目の第10弾となる。

11月2日には阪急うめだ本店で発表会が開催され、阪急阪神百貨店阪急本店フード商品統括部フード新規事業開発部の馬場淳士DM=写真上=は「ハウス食品の代名詞であるカレーを使い、今大人気のパンと合わせたカレーパンで話題を集めたい」とコラボの経緯を説明。また、ハウス食品新領域開発部1グループの黒田英幸グループ長=写真下=は「ルウカレーは伸び悩みが見られ、カレーパンで消費者との接点を増やしたい。小さい頃に楽しみにしていたカレーの日をイメージした」と狙いを語った。

「ハウス バーモントカレー」と「ハウス ジャワカレー」をベースにした。「ハウス バーモントカレーパン 甘口」は野菜とりんご、はちみつを使った自然な甘さ。「ハウス ジャワカレーパン 辛口」はローストオニオンの深いコクにペパーやカルダモン、焙煎スパイスを効かせた爽やかな辛さが特徴。各税込378円。

具もカレーもたっぷりのカレーライスのようなカレーパンを目指し、具材は牛肉・じゃがいも・にんじんがぎっしり、カレーも溢れ出すほどのボリューム感。生地はカレーパウダーを使い風味良く仕上げ、タピオカ粉も加えることで外はカリッと、中はもっちりの食感が味わえる。フライヤーの工夫で吸油を抑えた。1食当たり約150gと通常のカレーパンの倍近いサイズ感も圧巻。店頭では出来立てを提供。1日1000個の販売を計画。さらに12月中旬には温めるだけの冷凍商品の販売も予定する。

previous arrow
next arrow
Slider

WEB先行記事

-関西, カレー・シチュー, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.