THE FOOD WEEKLY

外食

中華料理の新ファストフード/ドロム

投稿日:

Chipoon(チプーン)が原宿にオープン

目を引くピンクの内装とフラミンゴのオブジェが目印

クレープスタンド「PARLA(パーラ)」などを運営するドロム(本社:東京都渋谷区、齋藤悠社長)は、ラフォーレ原宿にチャイニーズスタンド「Chipoon(チプーン)」を12月8日にオープンした。

メニューは銀座の中華料理店「Renge Equriosity(レンゲ・エキュリオシティ)」の西岡英俊オーナーがプロデュース。卵不使用の麺と、動物性の食材を一切使用していないスープを組み合わせたヴィーガン対応のヌードル2品とバーガー2品の全4品を販売する。

ヌードルは青山椒や朝天唐辛子の痺れる辛さが特長の「ベジタブルタンタンヌードル」(700円)と、スープの優しい旨みが味わえる「ヴィーガンヌードル」(600円)を用意。

バーガーのソースは卵不使用の豆腐マヨネーズと、甜麺醤を合わせたオリジナルソースを使用。湯葉を加工した大豆チャーシューを挟んだ「湯葉チャーシューバーガー」(450円)と、豚の肩ロースを低温で仕上げた「チャーシューバーガー」(同)を提供する。全商品テイクアウト可能。

店舗名はレンゲを意味する「china spoon」(チャイナスプーン)に由来しており、ピンクを基調とした内装やメインビジュアルには、レンゲの形に似ているフラミンゴを使用。ラフォーレに来館する女性が思わず足を止めたくなるようなSNS映え間違いなしの仕上がりとなっている。

【Chipoon概要】所在地:東京都渋谷区神宮前1―11―6ラフォーレ原宿2階▽席数8席▽営業時間:11~21時。

「ベジタブルタンタンヌードル」〈700円)

「ヴィーガンヌードル」(600円)

「湯葉チャーシューバーガー」(450円)㊧と「チャーシューバーガー」(同)

WEB限定記事

-外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.