Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 健康・栄養 小麦・大豆・米

「米の精」で栽培した農作物に酵素多く/東洋ライス

投稿日:10月29日

おいしさだけでなく健康にも寄与

東洋ライスは10月25日に都内で会見し、酵素を多く含むコメの健康性と食味に関する研究成果を発表した。

BG無洗米の加工時に取り除かれた肌ヌカを製品化した「米の精」で栽培した農作物が、旨味などを生成する酵素を多く含むことを確認した。12月1日に開催される「第59回日本食生活学会」で発表する。

酵素と食味に関する比較では、「米の精」を施肥することで酵素量を高めた栽培方法(=米の精栽培)と慣行栽培のそれぞれで同地域・同品種のコメを生産。その結果、米の精栽培は慣行栽培のコメと比べ酵素量、食味ともに高い数値を示したことを報告。土壌菌を増加させる米の精の特性やそのメカニズムを紹介した。

米の精の特性を語る雜賀社長

雜賀慶二社長は「これまで、米の精で栽培された農産物はおいしいという評価のみの差別化商品として販売してきたが、今回の研究で酵素を多く含み健康にも寄与する可能性が示唆された。今後、米の精を施肥した作物はより高い評価を受けるだろう」と期待を寄せた。

WEB先行記事

-注目記事, 健康・栄養, 小麦・大豆・米

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.