Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 嗜好品 デジタル・IT/EC

IoT搭載型コーヒーマシンへの関心高く/UCCグループ

投稿日:4月19日

全国7会場で業務用食品展示商談会

注目を集めたロボットバリスタ

UCCグループの業務用サービス事業を担うユーシーシーフーヅは、国内最大級の業務用食品展示商談会「UCC FOODS Smile Festa 2019」を2月13日~4月17日まで全国7会場で展開。UCCをはじめ食品企業80社が出展する中、延べ9000社、2.5万人が来場し大盛況を収めた。

東京会場(五反田TOCビル)は4月16~17日に開催され、川久保則志社長が初日に会見。「未来のカフェに、会いに行こう」をテーマに、外食業界が直面する人手不足問題の解決に向けた提案を強化。バリスタロボットや省人化・無人化の小規模店舗パッケージ、用途に応じた多彩なコーヒーマシンを各会場で紹介し大きな反響を得た。

東京会場では、グループ企業ラッキーコーヒーマシンが16日に発表したIoT対応全自動ドリップ式コーヒーマシン「BM―LCD1」の追加オプション「電子マネーリーダー」「生乳ユニット」も展示。気運の高まっているキャッシュレス化への対応、生乳でつくる本格的な味わいのカフェオレやカフェラテが提供できる。

また、エスプレッソタイプの業務用レギュラーコーヒー「Largo(ラルゴ)」ブースやカスタマイズコーヒーの提案、時短を訴求するフードメニューなど、さまざまなニーズへの対応を提案した。

川久保社長

川久保社長は「マシンへの興味が非常に高くロボットバリスタを検討する企業もあり、人手不足はますます深刻化する」と指摘。一方でコーヒーの需要は年々高まっており、カフェ、ホテルだけでなく、最近では書店やアパレルショップでも提供されチャンスは広がっている。「業務用では唯一のIoT搭載型コーヒーマシン『BM―LCD1』など、他社にはないマシン、提案、サービスで店舗の売上に貢献したい」と語った。

previous arrow
next arrow
IoTマシン「BM―LCD1」には電子マネーリーダーを追加
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 嗜好品, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.