Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 展示会 嗜好品 外食

近未来カフェ探索プロジェクトを始動/UCCグループ

投稿日:2月27日

神戸で国内最大級の業務用展示会「Smile Festa」

未来のカフェに向けた提案を

UCCグループで業務用サービス事業を担うユーシーシーフーヅは、全国の外食店を対象に国内最大級の業務用食品展示商談会「UCC FOODS Smile Festa 2019」を2月26~27日、インテックス大阪で開催。メーカー80社が約3700品目を出展、およそ1500社2500人が来場した。

大阪での開催は2月13日の岡山会場に続くもので、4月17日の東京会場まで、福岡、名古屋、島根、広島の全7会場で行われる。14回目を数える今回は〝未来のカフェに、会いに行こう〟をテーマに、業界の未来を体感し、課題を解決するソリューション提案「Smile Festa」に改称。5年後のカフェに求められる役割の変化に対応するべく「近未来カフェ探索プロジェクト」を立ち上げ、6つのコンセプトモデルを提案した。

カプセルサイズの〝Cocoon(コクーン)〟が並ぶ「Cocoon Cafe」はくつろぎの場として、また外出先での仕事や電話会議の場としてコクーンが登場することを想定。こうしたコクーン利用者に向け、ロボットがコーヒーをサーブするロボカフェ・コークーンを紹介した。

「My Barista by UCC」はバリスタを、利用者がいつでもどこでも呼べるマッチングサービスで、個人の自宅や外出先での利用のほか、カフェオーナーが一時的な人手不足解消にも利用が可能。バリスタ側はその技術やコーヒーのおいしさを啓蒙できるメリットがある。

「Be You Cafe」はコーヒービギナー向けのカフェ。スマホアプリでその日の気分に合わせたカフェが推奨され事前予約が可能。特に女性の利用を想定する。

「Celebration Apero Cafe」はアペロ(仏語で食前酒を意味するアペリティフの短縮形で、夕食前に軽食、飲み物を楽しむ習慣)の名のとおり、飲酒人口が減少するなか、コーヒーでパーティーを提案する。

「純喫茶ウォーカー」は日本独自の純喫茶文化を盛り上げるウォーキングイベント。UCCが全国の純喫茶の情報サイトを立ち上げ、店舗情報を盛り込んだスタンプラリーイベントを開催し、参加者はレトロな雰囲気を楽しみながら各地の純喫茶を巡り、スタンプがたまるとUCCからプレゼントがもらえる。

「Know Coffee」はUCCのこだわりコーヒーが堪能できる専門店。2席しかないミニマルな空間でマスターと向き合い、五感の全てを使った最高のコーヒーが体験できる。さらにカフェオーナー、マスターなど同業者間のつながりの場としても機能する。

これらの提案の中で、ひときわ目立ったのが店舗の無人・省人化に貢献するバリスタロボットや全自動ドリップマシンなど。今後、アミューズメント施設や商業施設内のアトリウム、駅や空港などへの設置を見込む。最新のIoT機能(マシンはUCC側でエラーを検知すると店舗へ連絡、トラブル回避をフォロー)と、業務用RC「Largo」ブースでのアレンジメニュー、さらには店舗フォーマットなど、パッケージ提案できる同社の強みが発揮された。

また、ラテアートが簡単に行えるプリンターも披露。スマホで撮影したデータを専用プリンターに送信、撮影した写真がラテアートとしてミルクフォーム上にデザインされる。ビールの泡に利用することも可能。アニメやゲームとコラボするカフェなどで導入。

当日はバリスタロボットの実演や各種テーマコーナーでの体験、ライブキッチンでのスイーツメニュー実演等も盛り上がりを見せていた。ライブキッチンにはロッテ、ケンコーマヨネーズ、森永乳業、UCC上島珈琲、ニチレイフーズ、キユーピー、日清オイリオグループが協賛。この他、人手不足問題や軽減税率対策、テイクアウトをテーマにしたセミナーも開催された。なお、今年は7会場合計で9000社の来場を見込んでいる。

previous arrow
next arrow
近未来のカフェをパネルで紹介
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 展示会, 嗜好品, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.