Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 外食

スタンディング焼肉バーの新業態を歌舞伎町にオープン/WAGYUMAFIA

投稿日:10月4日

起業家・堀江貴文氏と和牛輸出王・浜田寿人氏がタッグ

気合いの決めポーズで

尾崎牛や神戸牛を1人前5000円から提供する、スタンディング焼肉バー「YAKINIKUMAFIA」が東京・新宿の歌舞伎町に来年1月にグランドオープンする。仕掛け人は完全会員制の和牛レストラン「WAGYUMAFIA」を手掛ける堀江貴文氏と浜田寿人氏だ。

和牛専門のシェフ浜田氏と起業家の堀江氏がタッグを組んだのは2016年。日本が誇る「和牛」を世界へ発信していくことを目的にWAGYUMAFIAを設立。以降、プライベートディナーを数々のポップアップイベントで提供させ、初の会員制レストラン「WAGYUMAFIA」を東京・赤坂にオープン。それから3年の間に、東京と香港で5店舗を展開。今後はロンドン、ニューヨークへの旗艦店も計画する。

今回、新業態となる「YAKINIKUMAFIA」は、最高級の尾崎牛・神戸牛の焼肉を1人1台の無煙ロースターで立ったまま楽しむ新スタイル。店内はニューヨークのバーを感じさせる高級感と、BGMは有名なフランス人DJ、ALEX・FROM・TOKYO氏が担当したエンターテイメント性の高い空間。そして、最高級和牛が1人前5000円で味わえる。注文は入口に設置された多元語対応タッチパネルで、キャッシュレスオーダーが可能。

看板メニューは「YAKINIKUMAFIA BBQ BARA PLATE COMBO SET」(5000円)。WAGYUMAFIAが輸出する上質な霜降り肉の和牛からとれる部位を使用し、特製の海塩や世界一のブラックペッパー、秘伝の焼肉のタレ等で味わう。

セット内容にもこだわりを見せる。生産者から直接仕入れた粗く刻んだ大根の鬼おろしや、最高級山椒を添えたキュウリの糠漬け、神戸牛の生産者・田中久工氏が神戸牛の堆肥を活用したコシヒカリ、神戸牛の骨を24時間炊いて作った牛骨スープ付き。

グランドオープンは来年1月予定だが、WAGYUMAFIA会員には10月4日からプレオープン。さらに10月9日から募集を開始するクラウドファンディングの支援者も来店が可能となる。

和牛への熱意を語る堀江貴文氏

外国人にも分かりやす店名に

オープンに先駆けた10月3日には報道陣に公開され、堀江氏と浜田氏が登場。新業態出店の狙いと今後の展開について熱く語った。今後は国内で海外観光客から人気の高い都市に20店舗、海外では香港に11月末、マニラに12月、ロンドン、ニューヨークへと出店を計画する。

まず堀江氏は「これまでメディア露出はほとんどしてこなかった」とビジネスの全貌について前置きし、「実は水面下ではインバウンドの時代は越えて、日本の飲食店が世界にどう攻めていくかを考えるフェーズに入っている。YAKINIKUMAFIAはその大きな潮流に乗る。外国人観光客が大勢訪れる新宿・歌舞伎町の地で試し、広く展開したい」と展望。

また、和牛を選んだ理由については「食は誰でも1日に2~3食食べる。その中でも肉は世界の共通認識。日本の和牛は希少な刺しが入っていることで世界的にも知られている。世界で通用する最高のブランドだ」と力強い。さらにブランド和牛を確りと管理していく努力の重要性も指摘。TPP問題を事例に挙げ、格安な輸入肉が流入してきても、根本的な品質の違いに自信を見せる。逆に世界の畜産国への輸出で勝負が出来ると見ている。

一方、市場では和牛を謳った料理があり得ない価格で提供されていることや、あいまいな国産牛の存在に警鐘を鳴らす。政府に対しある程度の規制と、業界全体での確りとしたブランディングを求めた。堀江氏は「和牛はフランスのブルゴーニュのワインと同じ。日本の資産として世界に売り込むべきだ」と語った。

なお、香港に出店したWAGYUMAFIAは25席で年商6億円。富裕層を中心に月4000~5000万円を稼ぐ。浜田氏は今回の新店について平均700~800万円。ピークアウトは1500~2000万円との予想。スタンディングで5000円の価格設定に対しても前向きで、「日本では中価格から高価格帯だが、世界と比べれば圧倒的に安い。ロンドンでは食べられないくらい高い価格」とし、スタンディングについても「世界の美食が集まるサン・セバスティアンは、ほぼスタンディング」と見ている。

また、競合する店舗が出てきたら?と聞かれた堀江氏は「マネされても構わない。内装も含めて徹底的に費用をかけた。圧倒的№1を目指した」と自信。富裕層を対象としたビジネスについても「過当競争で勝負しても意味がない。我々が狙っているのは全く異なるレイヤーだ。ここで勝てれば独占できる。実際、我々がコラボした渋谷のコーヒーショップ・キャメルバックは1300円する玉子サンドが外国人観光客や近隣の富裕層に売れている」と語った。

【YAKINIKUMAFIA 新宿店概要】住所:東京都新宿区歌舞伎町1-19-3歌舞伎町商店街振興組合ビル7階▽電話03-6273-8084▽座席数21席▽面積27坪▽営業時間17時~22時(ラストオーダー21時)▽定休日:日曜日

previous arrow
next arrow
看板メニューのセット
Slider

WEB限定記事

-注目記事, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.