Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 嗜好品 小売

新感覚チョコほうじ/ネスレ日本

投稿日:11月13日

福寿園とマシンでコラボ

新型マシン㊨と「チョコほうじ」カプセル

ネスレ日本はティーマシン「スペシャル.T」において、新型マシンと専用カプセルを11月15日からネスレ通販、新宿髙島屋の「Te&Cha」で発売。飲食店とのコラボ企画などプロモーション活動も強化する。11月12日、コラボ企画を行うJR東京駅グランルーフ「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」で会見し、Eコマース本部スペシャル.T事業部早坂由香利部長=写真=が新商品の概要について語った。

新型マシン「Meister T.」(税込1万2800円)は、新たにラテ機能を追加し、ミルクが入ったグラスをセットするとボタンひとつでふわふわの泡が楽しめるティーラテが手軽に作れる。お茶の濃さも5段階で調節でき、上部パネルには蒸らし温度や抽出時の残り時間も表示される。本体サイズ幅14.9㎝×奥行36.4㎝×高さ24.4㎝、重量約2.6㎏、水タンク容量1.5L。本体カラーはシルキーレッド、パウダーホワイトを揃えた。

福寿園とは専用カプセル「チョコほうじ 京の匠福寿園」(5カプセル入、756円)を共同開発。福寿園厳選の香ばしいほうじ茶に、ネスレ監修のチョコレートの甘い香りを加えた新感覚ティーとして提案する。

近年ほうじ茶スイーツの人気が高まる中、早坂部長は「飲料メーカーとして、おいしいほうじ茶を提供したかった」と開発背景を説明。一方、国内では33%の人がお茶にミルクを入れて飲んでいるとし、「ミルク泡立て機能が付いた新マシンで、是非〝チョコほうじラテ〟を飲んでほしい」と呼びかけた。

また「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」では11月15日から25日まで、「冬のマリアージュを楽しむチョコほうじ ティーセット」(1728円)を提供する。「チョコほうじ」と同店が考案するスイーツ「一の膳」(焙じたてほうじ茶、ドライフルーツを包み込んだほうじ茶チョコ、ほうじ茶の糖衣[とうい])、「二の膳」(ほうじ茶と林檎のフレンチトースト、ほうじ茶アイス、ほうじ茶&チョコソース)がセットになっている。

previous arrow
next arrow
美しい2層のラテが出来上がる
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 嗜好品, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.