Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 酒類 外食

「辛丹波生原酒」が東京初上陸/大関

投稿日:10月17日

兵庫の食と楽しむ2日間限定バルが丸の内に

和モダンな空間を演出

大関は「辛丹波(からたんば)」の発売30周年を記念して、蔵元でしか味わえない辛丹波生原酒と、兵庫県の食材を使った料理のマリアージュが楽しめる「からたんバル」を10月16日と17日の2日間、丸の内ビル1階で開催した。

からたんバルでは和モダンな空間を演出し、「辛丹波」に合う料理とのマリアージュが楽しめる。「辛丹波」と「辛丹波生貯蔵」に加え、蔵元でしか味わえない「辛丹波生原酒」の飲み比べができる。「辛丹波」は銘酒の造り手として名高い丹波杜氏の技で仕上げる淡麗辛口の本醸造酒。飲み飽きしない小味の利いた酒として人気で、冷でも燗でも異なる味わいが堪能できる。旨みがありながらも後味にキレがあるので、料理との相性が良い。

メニューは蔵元直送‼辛丹波生原酒と兵庫県の食材を使った料理(フードデザイナー中本千尋氏監修)を2種類のセットで販売。マリアージュセット(Aセット=写真、Bセット)と飲み比べセット。各500円(チケット制)。Aセットは「穴子と玉ねぎのピクルス 蓮根のリゾットと共に」「いちぢくとフロマージュ 山椒味噌を添えて」。Bセットは「和牛ローストビーフ じゃが芋のピュレ スパイスの香り」「酒粕レーズンのタルティーヌ 黒豆を添えて」。それぞれに「辛丹波生原酒」をセットした。

この他SNS投稿で「辛丹波」1杯をもれなくプレゼント。500円チケット2枚購入で辛丹波ガチャにも挑戦できるイベントも用意した。

淡麗辛口の本醸造酒

日よけ幕も

WEB限定記事

-注目記事, 酒類, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.