Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 健康・栄養 飲料 調味料・香辛料

野菜嫌いの克服目指す/カゴメ

投稿日:8月29日

NPOと体験型食育授業

オリジナルジュース作りにも挑戦

カゴメは特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクールと共同で、企業連携子育てプロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ」を関東一都六県でスタート。8月31日・野菜の日を前にした28日、都内の小学校で同プロジェクトを行い児童25人が参加した。

成人の1日の野菜摂取量は目標の350gを下回る状況が続いているが、子どもも同様に野菜不足にある。野菜不足の要因の一つに「野菜嫌い」が挙げられる一方で、子どもの頃の食経験次第で野菜を好きになるとも言われている。
同プロジェクトでは野菜好きになるキッカケとして「野菜を食べることができたときの達成感」をテーマにした。カゴメの持つ野菜の知見やおいしく加工する技術、「子どもたちの自己肯定感や、チャレンジ意欲を育てたい」と考える放課後NPOアフタースクールの強みを掛け合わせ、子どもたちの野菜嫌い克服と未来に向けた野菜不足ゼロを目指す。

約90分のプログラムはカゴメ社員が講師となりクイズ形式で野菜の旬や成り立ち、栄養などの説明、市販の野菜ジュースをベースにしたオリジナルジュース作りにもチャレンジ。参加した子どもたちは楽しく野菜のおいしさを実感できる内容に盛り上がりをみせた。
プロジェクトは年間20回の実施を予定し今回で3回目。これまで実施後に行ったアンケートでは9割以上の児童が「野菜ジュースや野菜料理をもっと食べたくなった」と回答しており、カゴメの担当者は「プロジェクトを通じ野菜好きの子どもを増やしたい」と話す。

previous arrow
next arrow
クイズ形式で野菜を学ぶ子どもたち
Slider

WEB先行記事

-注目記事, 健康・栄養, 飲料, 調味料・香辛料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.