Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

注目記事 菓子 小売

PABLOと「チーズタルド」6種を開発/ミスタードーナツ

投稿日:

お味はドーナツ?タルト?決めるのは皆さん

嵜本社長㊧と島袋部長㊨

ミスタードーナツが行列のできる焼きたてチーズタルト専門店「PABLO(パブロ)」とコラボレーション。「チーズタルド」シリーズ6種を7月20日から全国のミスタードーナツで期間限定発売。

「いいことあるぞ ミスタードーナツ」のブランドスローガンのもと、「最高においしい商品・価値」や、「ワクワクする気持ち」を提供する〝misdo meets〟を商品開発テーマに、最高水準の素材と技術を持つブランドと共同開発する商品を展開する。2018年は鎧塚俊彦氏との「ショコラコレクション」、祇園辻利との「抹茶スイーツプレミアム」を展開し好評だった。今回はその第3弾となる。

7月20日から9月中旬販売予定の「チーズタルド」シリーズは、PABLOにレアチーズホイップとベイクドチーズフィリングをミスタードーナツの生地に合うように監修を依頼。アプリコットソースはPABLOで使用しているものを使って商品開発。また、夏でも食べやすいレアチーズホイップは全6品に採用されている。
メニューはチーズタルド アプリコット(税込216円)、チーズタルド クラム(同)、レアチーズシュー アプリコット(183円)、レアチーズシュー ストロベリー(同)、ポン・デ・レアチーズ(151円)、レアチーズファッション(同)。
ホームページでは特別動画も公開されており、「チーズタルド」はドーナツなのか?タルトなのか?を、両社の代表が対決する風景を紹介し話題喚起を図っている。
PABLOを展開するドロキア・オラシイタ(大阪府大阪市)の嵜本将光社長は「ミスタードーナツは子供の頃から大ファンだった。声をかけてもらえて、とても嬉しかった」とコメント。
両社におススメを聞くと、嵜本氏は「ポン・デ・レアチーズ」。ダスキン ミスタードーナツ事業本部運営部の島袋正弘部長は「チーズタルド アプリコット」とキッパリ。島袋氏は「ベイクドチーズクリームの再現がとても難しかった。フィリングの開発にたくさんの時間をかけた」と苦労話も紹介した。

「チーズタルド」シリーズ

 

WEB限定記事

-注目記事, 菓子, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.